Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

ここから本文です。

 

掲載日:2016年2月25日

三協ダイカスト株式会社【レポート】

 昭和42年に設立。50年近い伝統を誇るダイカスト部門に加え、3Dプリンタ(ラピッド・プロトタイピング)による試作モデル製作という新たな分野にも果敢にチャレンジしている。

 <ダイカスト部門>

 ダイカストマシンは亜鉛2台、アルミ3台で、月産量は亜鉛15トン、アルミ35トン。空圧機器や車輛の部品などを製造している。経済産業省の「ものづくり補助金」を活用し新型機械を設置。新しい技術の導入にも積極的だ。

三協ダイカスト

 

<3Dプリンタ(ラピッド・プロトタイピング)部門>

 「日本企業の工場が海外移転しても開発部門は日本に残る。」そう考えて、3Dプリンタによる試作品製作への参入を決定。これは3Dプリンタという言葉が一般的でなかった約10年以上前のことで時代を見据えてのことだった。

 通常3Dプリンタで製作出来るサイズは機械に制約されるが、三協ダイカストでは、パーツを分割して作成し、接着面をきれいに加工することで大型の試作品にも対応できるのが強みとなっている。

三協ダイカスト2

松浦眞吾代表取締役からは「ダイカスト部門は試作品や小ロットから量産まで対応できる。また、3Dプリンタ(ラピッド・プロトタイピング)部門は、2次元図面や現物からスキャンしての試作品製作も可能。ぜひ、相談して欲しい。」との話があった。

 

 

お問い合わせ

企画財政部 南部地域振興センター  

郵便番号332-0035  埼玉県川口市西青木二丁目13番1号 埼玉県川口地方庁舎2階

電話:048-256-1110 

ファックス:048-257-0529

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?