Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > くらし・環境 > 住宅 > 住み替え支援・補助 > 平成29年度埼玉県多子世帯向け住宅取得等支援事業のご案内 > 埼玉県多子世帯向け中古住宅取得・リフォーム支援事業のご案内

ここから本文です。

 

掲載日:2018年2月21日

 平成29年度埼玉県多子世帯向け中古住宅取得・リフォーム支援事業のご案内

予算件数に達したため平成29年度の補助金交付申請書受付は終了しました。

 「中古住宅取得かつリフォーム」又は「リフォームのみ」の補助金を申請済で実績報告書をこれから提出する方

リフォーム工事完了後速やかに実績報告書を提出してください。

手続きの必要上、平成30年3月23日(金)必着とさせていただきます。

やむを得ない事情により期限までに提出が難しくなった場合には、速やかに県住宅課まで御相談ください。

なお、埼玉県住宅供給公社の助成金申請の受付も終了しました。

 

 

【お知らせ】 住宅金融支援機構による住宅ローン【フラット35】の金利優遇措置が受けられます。

埼玉県と住宅金融支援機構の相互連携に関する協定に基づき、住宅金融支援機構による住宅ローン【フラット35】の金利優遇措置を受けることができます。

 【フラット35】子育て支援型の概要(住宅金融支援機構のページ)

優遇制度を受ける条件

住宅の取得完了後、埼玉県多子世帯向け中古住宅取得・リフォーム支援事業の補助金を受ける予定であること。

18歳未満の子が3人以上で、夫婦ともに(ひとり親の場合はその方)55歳未満であること。又は

18歳未満の子が2人で3人目を希望し、夫婦ともに40歳未満であること。

優遇制度の利用方法

埼玉県が発行する『【フラット35】子育て支援型利用対象証明書』が必要になります。

証明書が必要な方は埼玉県庁住宅課に『【フラット35】子育て支援型利用申請書』を提出してください。

(必要な添付書類などは申請書の中に記載がありますので確認をお願いします。)

『【フラット35】子育て支援型利用申請書』などの様式(住宅金融支援機構のページからダウンロード)

申請書の提出は事前に電話(048-830-5563)で予約の上、埼玉県庁住宅課の窓口に直接持参してください。

世帯主又は配偶者の方が直接窓口にお越しください。

 

※【フラット35】に関する内容については住宅金融支援機構又は取扱金融機関に直接お問い合わせください。

住宅金融支援機構お客さまコールセンター:0120-0860-35

※【フラット35】の利用は県の補助金を受ける条件ではありません。

 

埼玉県では、少子化対策の一環として、多子世帯の住環境向上を支援するため、中古住宅の取得やリフォームの諸経費に対し、埼玉県住宅供給公社とあわせて最大70万円を補助する住宅支援を実施します。  

ポスター・チラシ(PDF:5,199KB)

 

平成28年度事業との主な変更点

 1埼玉県住宅供給公社助成金交付額(リフォーム助成)

 

平成29年度

平成28年度

基本助成金

10万円(定額)

20万円(定額)

加算助成金(多子世帯の居住環境を向上させる増改築工事)

10万円(定額)

合計

20万円(最大)

20万円(定額)

 

2補助対象外となるリフォーム工事

太陽光発電システム、サンルーム

1.制度の概要

受付期間

平成29年4月3日から平成30年3月15日まで

※予算額に達した場合、その時点で終了

予定件数

中古住宅取得100件

リフォーム300件

補助対象となる世帯(多子世帯)

A.18歳未満の子が3人以上の世帯 又は

B.18歳未満の子が2人で3人目を希望する夫婦がともに40歳未満の世帯 

※  18歳未満の子には下記を含みます。

    (1) 平成29年4月1日から平成30年3月31日までに18歳になる子

    (2) 母子手帳の交付を受けている出産予定の子(Bの世帯は除く)

※  40歳未満の夫婦には平成29年4月1日から平成30年3月31日までに40歳になる方を含みます。

申請者となる方

多子世帯の世帯主またはその配偶者の方が申請できます。

補助対象となる住宅

以下の2点は申請の際に必須となりますのでよくご確認ください。

 

戸建住宅

マンション

床面積 100平方メートル以上(増築後を含む) 80平方メートル以上(専有部分)
新耐震基準

(1)登記簿上の新築年月日が昭和58年4月1日以降の住宅(満たさない場合は(2)へ)

(2)建築確認日が昭和56年6月1日以降の住宅(満たさない場合は(3)へ)

(3)建築確認日が昭和56年6月1日以前の場合、耐震基準適合証明書等があれば申請可

(1)~(3)のいずれかを満たしていることが必要です。

 ※床面積は全部事項証明書(登記簿)上に記載のある面積です。

 

2.補助金申請の具体的手続き

補助金の種類と金額

埼玉県多子世帯向け中古住宅取得・リフォーム支援事業での補助内容は以下のとおりです。

補助金の種類によって申請内容等に違いがありますので、御希望する内容のページでご確認ください。

 

取得かつリフォーム

 

取得のみ

 

リフォームのみ

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

都市整備部 住宅課 総務・民間住宅担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 第二庁舎1階

電話:048-830-5563

ファックス:048-830-4888

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?