Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > くらし・環境 > 住宅 > 住まいづくり > マンション管理 > 平成26~28年度埼玉県老朽化マンション管理適正化支援先導事業の結果について

ここから本文です。

 

掲載日:2019年2月6日

平成26~28年度埼玉県老朽化マンション管理適正化支援先導事業の            結果について

事業の結果を踏まえたリーフレットを作成しました(平成29年9月4日)

分譲マンション管理適正化啓発リーフレット(PDF:2,332KB)

1 事業の概要

  埼玉県では、平成26年度~平成28年度の3か年で、建築後30年経過したマンションの一部を対象に、管理実態の調査及び管理適正化に向けた支援を行なった。

※年度ごとの結果はこちら

平成26年度 平成27年度 平成28年度

(1)目的

ア  不良な住宅ストックを防止し、良好な住環境を整備するため、老朽化したマンションの管理の適正化を促進する。

イ  管理の適正化を図る成功事例を創り上げ、他市町村へ普及を図る。

(2)事業の内容

ア  公募により選定した市※(以下、「連携市」)と連携し、アンケート調査等により建築後30年を経過して老朽化したマンションの管理実態を把握する。

イ  老朽化したマンションのうち、特に支援が必要と判断されるマンションを対象に、課題解決に適した専門家(埼玉県分譲マンションアドバイザー)を派遣し、組合運営の改善に取り組む。

※川口市、狭山市、上尾市、草加市、越谷市、朝霞市、志木市、和光市、三郷市

2 実施方法

(1)管理状況実態調査

ア  調査対象

連携市に立地する建築後30年を経過した分譲マンション

イ  調査方法

県及び連携市により、調査を実施。

(ア)郵送によるアンケート調査  …  「管理状況アンケート調査」

(イ)連携市職員による現地調査  …  「維持管理保全状況現地調査」

ウ  調査概要

(ア)管理状況アンケート調査

(イ)維持管理保全状況現地調査

   ・アンケート調査により、現地調査への同意等を確認。

   ・現地調査に同意いただいたマンションは共用部分の調査を実施。

   ・未同意マンションについては、外観等を目視調査。

エ  分析

管理状況分析基準(PDF:129KB)に基づき、調査結果を4つのグループに分類し、支援対象を決定する。

グループ名 分類の概要

グループ1

標準的な管理運営が行われている管理組合

グループ2

現時点において建物の劣化等は認められないが、今後、グループ3に分類される可能性がある管理組合

グループ3

管理運営が適正ではないことや建物に劣化が認められる等、早急に組合運営等の改善が必要と判断される管理組合

グループ4

アンケート調査等に未回答である等、グループ1から3までに分類することができない管理組合

 

(2)派遣

支援対象に対し、アドバイザーを派遣する。(派遣回数の上限5回)

 

3 実施結果について

 (1)管理状況実態調査の結果

ア  調査対象

  建築後30年を経過した分譲マンション

  平成26年度:朝霞市、志木市、三郷市                 80団地

  平成27年度:狭山市、草加市、越谷市、和光市    165団地

  平成28年度:川口市、上尾市                          118団地

                                                             計 363団地

  調査対象363団地は、全県の分譲マンションの約6%、築30年を経過した高経年化マンションに対しては、約24%をカバーした。

【参考】

調査対象団地数     :     363(3か年合計)

全県の団地数        :   6,309(平成28年1月1日現在)

築30年超の団地数 :   1,503(平成28年1月1日現在)

イ  回答状況 

(ア)管理状況アンケート調査

  回答数…216団地、回答率…59.5%

(イ)維持管理保全状況現地調査(全数確認済み)

  調査票作成数…179団地、作成率…49.3%

ウ  アンケート結果(全52問)  (平成30年5月10日一部修正)

 平成26~28年度アンケート結果(概要、問1~問28)(PDF:4,391KB)

 平成26~28年度アンケ―ト結果(問29~問52)(PDF:4,356KB)

エ  分析結果等

グループ名 分類の概要 管理組合数

グループ1

標準的な管理運営が行われている管理組合

95管理組合

(26.2%)

グループ2

現時点において建物の劣化等は認められないが、今後、グループ3に分類される可能性がある管理組合

103管理組合

(28.4%)

グループ3

管理運営が適正でないことや建物に劣化が認められる等、早急に組合運営等の改善が必要と判断される管理組合

18管理組合

(5.0%)

グループ4

アンケート調査等に未回答である等、グループ1から3までに分類することができない管理組合

147管理組合

(40.5%)

(2)専門家(埼玉県分譲マンションアドバイザー)による支援の結果

ア  対象

  グループ1 … 2管理組合(※)

  グループ2 … 16管理組合

  グループ3 … 6管理組合

※管理状況実態調査では管理状況良好と見受けられたものの、管理組合からの派遣申請を審査した結果、支援が必要と判断し、派遣を決定したもの。

イ  事例

(ア)事例1

     a  建物の概要

        鉄筋コンクリート造3階建て、築約30年、約20戸

     b  課題

      ・ 管理組合が組織されていないため、総会等が開催されていない。

      ・ 管理規約が分譲開始時のままで、適切に見直しがされていない。

      ・ 管理費、修繕積立金の区分がなく、大規模修繕工事の資金が不足している。

      ・ 長期修繕計画がなく、計画的な大規模修繕工事が行われていない。

     c   派遣による効果

      ・ 区分所有者間に管理組合の必要性が認識された。

      ・ 管理組合設立総会が開催された。

      ・ 次回の定期総会に向け、管理規約の改正・事業会計の区分・事業会計の報告などの検討が開始された。

      ・ 大規模修繕工事の実施に向け、修繕積立金の会計区分を適切に管理する検討が行われた。

(イ)事例2

     a  建物の概要 

         鉄筋コンクリート造3階建て、築約45年、約20戸

     b  課題 

      ・ 外部オーナーのシェアハウスによる治安悪化。

      ・ 修繕積立金が不足しているため、長期修繕計画に基づく修繕が行えない。

     c  派遣による効果 

      ・ シェアハウスのオーナーに対し、長期的に説得を行う方針が決定。

      ・ 最小限の修繕をしながら、修繕費用の見直し等の費用削減を行う方針が決定。

 

 


 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

都市整備部 住宅課 マンション担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 第二庁舎1階

電話:048-830-5573

ファックス:048-830-4888

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?