トップページ > くらし・環境 > まちづくり > 建築・不動産 > 宅地建物取引業 > 宅建相談・指導担当ホームページ > 宅地建物取引業法に基づく監督処分の概要(平物産株式会社)

ページ番号:135913

掲載日:2019年8月16日

ここから本文です。

宅地建物取引業法に基づく監督処分の概要(平物産株式会社)

宅地建物取引業法に基づく監督処分の概要(平物産株式会社)

処分年月日

平成30年8月24日

商号又は名称

平物産株式会社

主たる事務所の所在地

埼玉県入間郡越生町大字古池64番地1

代表者氏名

荻久保  左内

免許番号

埼玉県知事(2)第21646号

処分内容

 指示処分

(1)宅地又は建物の売買の媒介の契約を締結したときは、遅滞なく、法第34条の2第1項の規定に基づく書面を作成し、依頼者に交付すること。
(2)法第35条に規定されている事項については十分な調査を実施し、必要事項を重要事項説明書に記載し、宅地建物取引士をして宅地、建物の取引の当事者に交付して説明させること。
(3)宅地又は建物の売買契約を締結したときは、遅滞なく、法第37条第1項の規定に基づく書面を、相手方に交付すること。
(4)自己の所有に属しない宅地又は建物について、自ら売主となる売買契約を締結するときは、法第33条の2及び宅地建物取引業法施行規則(昭和32年建設省令第12号。)第15条の6第4号を踏まえた書面を作成し、契約手続を行うこと。
(5)宅地建物取引業の運営に当たっては、法第31条の趣旨を踏まえて適正に業務を行うこと。

処分等の理由

(1)土地売買契約の媒介において、売主との間で媒介契約書を作成、交付しなかった。
     【法第34条の2第1項違反】
(2)同取引の重要事項説明で売買の対象となる当該宅地に関する情報を記載すべきところ、記載漏れがあった。
     【法第35第1項第1号違反】
(3)売主として土地売買契約を締結したが、売買契約書を作成、交付しなかった。
     【法第37条第1項違反】
(4)同取引においては、自己の所有に属しない宅地の売買と見受けられるが、当該業者が買主となる土地売買契約で、その土地の所有権を当該業者が指定する者に移転することを約するものを締結しなかった。
     【法第33条の2違反】

お問い合わせ

都市整備部 建築安全課 宅建相談・指導担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 第2庁舎1階

ファックス:048-830-4887

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?