トップページ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2020年度 > 2021年3月 > 行田市の利根川水系忍川において、浸水対策重点地域緊急事業に新たに着手します

ページ番号:195988

発表日:2021年3月30日14時

ここから本文です。

県政ニュース

行田市の利根川水系忍川において、浸水対策重点地域緊急事業に新たに着手します

部局名:県土整備部
課所名:河川砂防課
担当名:中川・綾瀬川流域担当
担当者名:松本・赤羽

内線電話番号:5138
直通電話番号:048-830-5138
Email:a5210@pref.saitama.lg.jp

    埼玉県は、令和元年東日本台風により大規模な浸水被害を受けた利根川水系忍川(行田市)において、これまで樹木伐採や土砂掘削、堤防強化を実施してきました。

   令和3年度から、集中的に国の支援を受けることができる「浸水対策重点地域緊急事業」に新たに着手し、早期の再度災害防止等を図ります。

 

※中小河川の氾濫により深刻な影響が生じた地域において、早期に再度災害の防止等を図ることを目的に、ハード・ソフト一体となった計画に対し、防災・安全交付金で集中的に支援する事業制度。全国では、忍川を含め、全16地域(R1~:5地域、R2~:7地域、R3~:4地域)のみ。

1.浸水対策重点地域緊急事業の概要

事業箇所:利根川水系忍川  行田市佐間、樋ノ上、下忍、堤根地内外

事業費:約75億円

事業内容:(県事業)調節池整備、河道拡幅など

(市事業)校庭貯留

事業期間:令和3~8年度

事業主体:埼玉県、行田市

2.その他の取り組み

    浸水対策重点地域緊急事業によるハード整備に加え、県では水災害リスクを踏まえたまちづくりにつなげるための基礎資料として、中高頻度の水害リスク情報図を作成するとともに、行田市では「田んぼダム」による流域対策や、浸水リスクが高いエリアについて土地利用の規制を行うなど、あらゆる関係者により流域全体で行う「流域治水」に取り組むことで、早期に地域の安全性の向上を図ります。

国土交通省記者発表

国土交通省記者発表(外部リンク)

(利根川水系田川・忍川など4地域において浸水対策重点地域緊急事業に新たに着手します)

報道発表資料など

行田市の利根川水系忍川において、浸水対策重点地域緊急事業に新たに着手します(PDF:123KB)

参考資料(PDF:670KB)

 


県政ニュースのトップに戻る