Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

ここから本文です。

 

掲載日:2017年6月7日

紛争への対処法

建設工事請負契約を巡って紛争になったら、どのようにすればよいか。当事者間の話し合いでも解決できないときはどうしたらよいか。

一般的な解決方法

(工事瑕疵の場合を例示)

(1) 当事者による解決

発注者から瑕疵補修の対応要求

1 工事箇所に不具合があるなどの場合、補修箇所の写真などを根拠に相手へ要求。


2 原因が明確でない場合、建築士など第三者の専門家に調査依頼。


3 内容証明郵便等で要求

(2) 相談機関、仲裁機関の利用

各種相談機関への相談、裁判所の民事調停、建設工事紛争審査会や指定住宅紛争処理支援機関(→住宅紛争処理支援センター)における仲裁等

(3) 各種裁判

弁護士に相談の上、略式訴訟や本訴訟提起。

(金銭などの給付請求における略式訴訟――なお、いずれも簡易裁判所で手続き)

支払命令

口頭弁論を開かず簡単な手続きで裁判所が行う督促。この督促に対して相手が異議を申し立てないと、確定判決と同じ効力を持つ。

少額訴訟

金額が60万円以下の請求の場合。原則1回の審理で、即日結審。

 

 

お問い合わせ

県土整備部 建設管理課  

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 第2庁舎2階・3階(分室)

電話:048-830-5170

ファックス:048-830-4867

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?