トップページ > しごと・産業 > 畜産業 > 技術支援 > 家畜衛生担当ページ > 県内のあひる飼養農家における高病原性鳥インフルエンザ疑似患畜の確認について

ページ番号:208773

掲載日:2021年12月6日

ここから本文です。

県内のあひる飼養農家における高病原性鳥インフルエンザ疑似患畜の確認について

令和3年1月21日に確認された、千葉県における高病原性鳥インフルエンザの疑似患畜について、疫学関連農場の調査を実施したところ、埼玉県内のあひるを飼養する2農場で高病原性鳥インフルエンザの疑似患畜が確認されました。 

疑似患畜確認の経緯

  1. 令和3年1月20日、千葉県より鳥インフルエンザ発生疑い事例があり、当該農場から本県のあひる飼養農場にヒナが導入されているとの情報がありました。
  2. 令和3年1月21日、千葉県が実施する検査により、千葉県での高病原性鳥インフルエンザが疑似患畜と確定しました。
  3. 同日、本県のあひる飼養農場(2農場)に導入されたヒナについても疑似患畜と確定しました。
  4. 高病原性鳥インフルエンザ及び低病原性鳥インフルエンザに関する特定家畜伝染病防疫指針に基づき、千葉県から導入されたヒナを疑似患畜として殺処分します。なお、その他の飼養家きんについては疫学関連家きんとし、14日間監視対象とし、飼養家きん等の移動を禁止します。

県の対応状況

令和3年1月21日、午前1時00分から知事を本部長とする緊急対策本部会議を開催し、家畜伝染病予防法及び高病原性鳥インフルエンザ及び低病原性鳥インフルエンザに関する特定家畜伝染病防疫指針に基づく防疫方針を決定し、速やかに防疫措置を開始しました。 

  1. 当該農場で確認された疑似患畜の殺処分
  2. 殺処分したあひるの焼却(密閉容器に封入)
  3. 汚染物品の焼却
  4. 家きん舎の消毒
  5. 緊急消毒ポイント(畜産関係車両のみ消毒)2か所の設置 

令和3年2月5日、疫学関連家きんの検査を実施し、陰性を確認したため、移動禁止を解除しました。

 

お問い合わせ

農林部 畜産安全課 家畜衛生担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎5階

ファックス:048-830-4837

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?