トップページ > しごと・産業 > 農業 > 農地整備 > 放射能 > 放射性セシウムを含む肥料・土壌改良資材・培土及び飼料の暫定許容値の設定等について

ページ番号:192326

掲載日:2021年2月19日

ここから本文です。

放射性セシウムを含む肥料・土壌改良資材・培土及び飼料の暫定許容値の設定等について

農林水産省より、放射性セシウムを含む肥料・土壌改良資材・培土及び飼料の暫定許容値の設定等に関する通知がありました。

本県では、放射性セシウムによる農地土壌の汚染拡大を防止するとともに、食品衛生法上問題のない農畜水産物の生産を確保する観点から、肥料・土壌改良資材(わら、もみがら等をそのまま農地土壌に施用する場合を含む。以下同じ。)・培土及び飼料(粗飼料及び濃厚飼料を含む。以下同じ。)について、下記のとおり検査を実施しました。

  1. 牛ふん堆肥(畜産安全課発表  平成23年8月15日第1報  8月26日第2報  10月3日第3報  平成24年1月27日第4報  5月11日第5報)。
  2. 平成23年産稲から生じたもみがら(農産物安全課発表  平成23年9月22日第1報  9月29日第2報
  3. 平成23年産稲から生じた稲わら(農産物安全課発表  平成23年10月3日第1報  10月6日第2報

※  腐葉土、剪定枝堆肥の新たな生産・出荷及び施用はできる限り控えてください。

※※  落ち葉や剪定枝などの有機質資材を土壌改良資材として新たに生産・出荷及び施用することをできる限り控えてください(雑草抑制マルチとしての施用も控える)。

関係通知文

お問い合わせ

農林部 農産物安全課  

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎5階

ファックス:048-830-4832

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?