Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

ここから本文です。

 

掲載日:2017年9月19日

第11回本多静六賞候補者の募集

写真:本多静六博士

埼玉県では、平成19年度から本多静六博士の精神を受け継ぎ、優れた学術研究や実践活動により、緑と共生する社会づくりに貢献した方に「本多静六賞」を贈呈しています。

【本多 静六】 自然を愛し森や公園づくりに情熱を注いだ埼玉の偉人

本多静六博士は、慶応2年(1866年)に現在の埼玉県久喜市(旧菖蒲町)に生まれ、日本最初の林学博士として近代林学の基礎を築くとともに、明治神宮の森や東京都水源林などの森林の造成、日比谷公園や大宮公園をはじめとする全国各地の公園の設計など様々な事業を行い、近代日本の発展に大きく貢献しました。
また、私財を投じて取得した秩父地方の山林2,600ヘクタール余りを奨学金事業創設のため、昭和5年に埼玉県に寄付しました。この森林から生ずる収益をもとに「本多静六博士奨学金」が設けられ、昭和29年以降現在までに延べ2,200人を超える学生に奨学金が貸与されています。

第11回本多静六賞候補者を募集します

1 受賞対象者

埼玉県にゆかりがあり、学術研究又は実践活動により緑と共生する社会づくりに貢献した個人又は団体

「埼玉県にゆかりがある」とは、次のいずれかに該当するものです。

  • 埼玉県内で活動していること
  • 現在又は過去において埼玉県に居住していること
  • 学術研究又は実践活動の成果が埼玉県に貢献していること

受賞の対象となる活動は、次のとおりです。

  •  自然科学から人文科学まで森林を含む緑に関する学術研究
  •  営利、非営利に関わらず森林を含む緑に関する実践活動
  • 学術研究や実践活動に対する寄付等の支援活動
  • その他、緑と共生する社会づくりに貢献したと認められる活動

2 応募方法

個人や団体からの推薦(自薦は不可)により、「推薦書」に必要事項を記入の上、次の応募先まで郵送ください。
推薦書はこちらからダウンロードできます(ワードかPDFのどちらかをお使いください)

個人の方

団体の方

 【応募先】

 郵便番号330-9301 (埼玉県庁個別郵便番号のため住所の記入不用)

埼玉県 農林部 森づくり課 森林活動支援担当

3 応募締切

平成29年12月13日(水曜日) 消印有効

4 選考方法

本多静六賞選考委員会の選考を経て、知事が決定します。

5 表彰

受賞者には、賞状と副賞(賞金、賞状の木製レプリカ)を贈呈します。

表彰は平成30年5月を予定しています。

前回までの本多静六賞受賞者

第10回受賞者

坂本 全平(さかもと ぜんぺい)氏

埼玉県寄居町 林業経営者

第10回特別賞受賞者

久喜市立三箇小学校(さんがしょうがっこう)

埼玉県久喜市

第9回受賞者

お菓子な郷推進協議会(おかしなくにすいしんきょうぎかい)

埼玉県秩父市 菓子製造業団体

第8回受賞者

岩田 洋(いわた ひろし)氏

埼玉県長瀞町 埼玉森林インストラクタ―会顧問

第7回受賞者

石井 清允(いしい きよのぶ)氏

埼玉県神川町 森づくり活動指導者

第6回受賞者

太田 猛彦(おおた たけひこ)氏

東京大学名誉教授

第5回受賞者

県立浦和高等学校同窓会

浦高百年の森づくり活動団体

第4回受賞者

斎藤 馨(さいとう かおる)氏

東京大学大学院新領域創成科学研究科教授

第3回受賞者

原 邦紘(はら くにひろ)氏

埼玉県神川町 林業経営者

第2回受賞者

特定非営利活動法人埼玉森林サポータークラブ

森林ボランティア団体

第1回受賞者

山中 敬久(やまなか たかひさ)氏

埼玉県秩父市 林業経営者

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

農林部 森づくり課 森林活動支援担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎5階

電話:048-830-4301

ファックス:048-830-4839 

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?