トップページ > しごと・産業 > 農業 > 技術支援 > 埼玉農業女子特集 > 埼玉農業女子(第22回北田喜久江さん(所沢市))

ページ番号:40581

掲載日:2021年7月26日

ここから本文です。

埼玉農業女子(第22回北田喜久江さん(所沢市))

  農業に出会えて、 いちごに出会えてとても幸せ

イチゴ園オープンまで

 北田喜久江さん

  喜久江さんは、数年前まで農業とは関係のない仕事に就いていましたが、義母のケガをきっかけに、夫の農作業の手伝いを仕事の合間にするようになりました。

  ある日、「あ~今日もお父さんの手伝いをさせられた」と息子の前でぼやいたところ「そうやって、人にやらされているって思っているうちは、何やってもダメなんだよね」と言われ、その言葉がしばらく頭の中で鳴り響いていたそうです。

  喜久江さんは、「本当に、息子の言うとおりだわ・・。」と思い、今までの消極的な気持ちを切り替え、自分が主体的にできる農業をしたいと強く思うようになったとのこと。

  夫は露地野菜を作っているので、ハウス栽培にしようかと考えていたところ、イチゴに出会ったそうです。「養液いちご研究会」の先輩方の元で研修を積み、この冬、待望のイチゴ園をオープンしました。

 

今後の目標

 

北田さん

「かなり遠回りをした分、今はとても真剣かつ集中して農業に取り組んでいます。微力ながら、農業を通して日本の農業の未来や社会に貢献したい。まずは、皆様に喜んで頂ける美味しいイチゴをつくること、そして観光農園を充実させるよう全力で取り組んでいきます。今までこんなに、時間を大切に感じたことがないほど、今はとても充実しています。農業に出会えて、いちごに出会えてとても幸せです。多くの人に笑顔を届けたい、その思いで進んでいきたいです。」と語ってくれました。

 

 

観光イチゴ園

 苺のマルシェ  HPアドレス  http://www.ichigo-marche.com

看板

お問い合わせ

農林部 農業支援課 普及活動担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎5階

ファックス:048-830-4833

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?