Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > しごと・産業 > 農業 > 技術支援 > 埼玉農業男子特集 > 埼玉農業男子(第11回太田勝也さん)

ここから本文です。

 

掲載日:2015年1月16日

埼玉農業男子(第11回太田勝也さん(新座市))

第11回 樹木の特性を知り、地域の環境と調和のとれた植栽を進めて行きたい

植木やさんには珍しく、常にルーペを持ち歩く勝也さん、植物のことを研究する姿勢が若い植木職人の技術を支えています

  nougyoudanshioota1

  

 勝也さんは大学の農学部を卒業後、静岡県の造園会社での2年間の研修を経て、3年前に実家の有限会社 太田造園に就農しました。

 植物と関わることが好きな勝也さんの手には、いつもルーペがあります。「大学では希少植物について研究していました。その時から生態学に関心があってルーペで観察。樹木の属種まで気になるんです。」

 となかなか研究熱心な勝也さんです。

 勝也さんは、地域の青年農業者で組織される新座4Hクラブにも加入し活動しています。

 最近は、野菜への関心も高く、「大根の太い根っこなんて、自然界では考えられない。野菜って面白いですね。」と植物生態学の探究心をのぞかせています。

 1級造園技能士と樹木医の資格取得を目指すという勝也さん。植木造園に必要な自然環境、剪定技術など様々な知識を吸収していきたいと語ってくれました。

nougyoudanshioota2nougyoudanshioota3

お問い合わせ

農林部 農業支援課 新規参入支援担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎5階

ファックス:048-830-4833

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?