Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > しごと・産業 > 農業 > 技術支援 > 埼玉農業男子特集 > 埼玉農業男子(第1回池田和弘さん)

ここから本文です。

 

掲載日:2016年9月28日

埼玉農業男子(第1回 池田和弘さん)

 

第1回 さいたま産ヨーロッパ野菜の栽培で新たな需要開拓(さいたま市 池田和弘(いけだかずひろ)さん) 

   ikeda1

 花屋や流通業界に勤めていた和弘さんは平成22年に就農、実家の「こまつな」や「さんとうさい」の栽培に加え、平成24年からイタリアンやフレンチ等のレストランで需要の高いヨーロッパ野菜の生産に力を入れています。

【ヨーロッパ野菜の生産の取組】

 きっかけは、若手農業者で組織する岩槻4Hクラブに、さいたま市から声がかかり、試しに栽培したのが始まりで、現在では、レストラン経営者、流通業者と「さいたまヨーロッパ野菜研究会」を発足し、スティック状のカリフラワー「カリフローレ」や紫色のレタスの仲間「ラディッキオ」等、年間で20種類近くの品目を栽培しています。

ikeda2農業男子池田さん3

 和弘さんは、「栽培事例が少なく、栽培に苦労する品種も多いが、レストランに直接卸すので、シェフや実際に食べているお客さんの反応が直に確かめられるのが楽しい。将来は、さいたま市のブランド野菜として需要が広がればうれしい。」と力強く話してくれました。

【スタンプラリー 開催中】

 現在、11月30日まで、さいたまヨーロッパ野菜研究会×関東食糧 ×埼玉県で、「地産地消月間」コラボ企画 さいたまのヨーロッパ野菜メニュー スタンプラリーを開催中です。

 この機会に、さいたま市産のヨーロッパ野菜をご賞味あれ!

 

○ さいたまヨーロッパ野菜研究会公式HP http://saiyoroken.jimdo.com/
 

 

お問い合わせ

農林部 農業支援課  

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎5階

ファックス:048-830-4833

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?