Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > しごと・産業 > 農業 > 技術支援 > 埼玉農業男子特集 > 埼玉農業男子(第80回田崎照大さん(宮代町))

ここから本文です。

 

掲載日:2018年2月5日

埼玉農業男子(第80回田崎照大さん(宮代町))

お客様に愛されるぶどう農家を目指して

宮代町で新規参入し、ぶどう栽培に励む田崎照大(たさき てるた)さんを紹介します!

 田崎さんは、宮代町農業担い手塾を卒塾し、平成28年に就農しました。

 生まれたときから宮代町に住んでいた田崎さんですが、農業に関心を持ったきっかけは、中学3年生の時、近所のぶどう農家の手伝いへ行ったことだそうです。

dai80_1

 その後、農業高校、農業大学校に進学し、ぶどう栽培について学びました。そして「宮代特産のぶどう栽培農家になりたい」と、宮代町農業担い手塾に入塾し、指導農家の指導の下で研鑽を積んできました。

 研修中に、ぶどう棚の設置、苗木の定植と、ぶどう栽培を一から始めた田崎さんですが、病害が多発したり、台風の来襲で被害を受けたり、苦労の連続だったそうです。

 宮代町は果皮が黒色の巨峰の産地ですが、田崎さんは、常に「3色」のぶどうを販売できるようにしたいと、果皮が赤色や緑色のぶどうも栽培しています。

dai80_2

 田崎さんは「お客さんが目で見て楽しく、味わって美味しく」そして「作っている自分も楽しい」農業を目指しているとのこと。

 将来は「ぶどう園の規模を拡大し、お客様に愛されるぶどう農家になりたい」と意気込みを語ってくれました。

お問い合わせ

農林部 農業支援課 新規参入支援担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎5階

ファックス:048-830-4833

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?