Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > しごと・産業 > 農業 > 技術支援 > 埼玉農業男子特集 > 埼玉農業男子(第76回日向正悟さん(本庄市))

ここから本文です。

 

掲載日:2017年7月8日

埼玉農業男子(第76回日向正悟さん(本庄市))

家族に支えられ、夢を現実に!

 故郷を離れ、東京で出会った故郷の野菜。本庄の野菜は俺が支える!

 非農家出身の日向正悟(ひゅうがしょうご)さんは、平成26年に就農し、3年が経ちました。日向さんは本庄で生まれ、高校卒業後、いったん地元を離れましたが、農業に魅力を感じ、農業法人で研修を重ねた後、就農しました。現在、露地野菜を中心にブロッコリー1.7ha、スイートコーン0.6haの生産を行っています。

dai76_1

 「就農まではいろいろな体験をしました。嬬恋村の大規模法人でキャベツ収穫のバイトをしたり、東京都の大田市場の仲卸で働いたり、東京でサラリーマンをしていたこともあるんですよ。大田市場で働いていた時、生まれ故郷の本庄市からの元気な野菜を見て、自分も農業をやってみたいと思ったんです。結婚したばかりの妻も、僕の背中を押してくれました。」

と農業を志したきっかけを話してくれました。

dai76_3

 「就農して2年目の時、ブロッコリーで大失敗しました。原因は天候を考えずに栽培をしたことでした。寒さのため、作付したブロッコリーの三分の一を廃棄しました...あれにはもう、やめてしまおうと思ったんですよ。」

と当時を振り返る日向さん。

 周りの農家の先輩や奥さんの支えもあり、「今あるほ場で、今できることをやろう!目の前の仕事にベストを尽くそう!」と気持ちを入れ替えて収穫を続けた結果、その年の売上目標は達成できませんでしたが、最低限の被害で済ませることができました。

dai76_2

 就農した時に赤ちゃんだった息子さんも、今では4歳。日向さんの仕事をよく手伝ってくれるそうです。

 将来は新たな品目にもチャレンジし、自分のような新規参入の若者のお手本になって、どんどん仲間を増やし、自分の子どもが継ぎたいと思えるような経営を、さらに法人化も目指している日向さんです。

 本庄の野菜を支える次世代のリーダーとして、今後の活躍に目が離せません! 

 

 

 

 

 

お問い合わせ

農林部 農業支援課 新規参入支援担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎5階

ファックス:048-830-4833

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?