Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > しごと・産業 > 農業 > 技術支援 > 埼玉農業男子特集 > 埼玉農業男子(第73回小河浩一さん(東松山市))

ここから本文です。

 

掲載日:2017年5月8日

埼玉農業男子(第73回小河浩一さん(東松山市))

見て、食べて元気になる野菜の魅力を伝えたい

 埼玉県の中央に位置し、西部には丘陵地、東部には市野川、荒川による平地が広がる埼玉県の縮図のような東松山市。その東松山市でスーパーや直売所への出荷のほか、レストランへ野菜を提供する小河浩一(おがわ ひろかず)さんを紹介します。

 「梅沢屋ありがとうファーム」小河浩一さんは新規就農するにあたり、家業の屋号「梅沢屋」と、もっとも素敵な言葉として「ありがとう」を農園に命名しました。

dai73_1

 2005年夏、愛知県で開催された「愛・地球博」。人と自然の共存「自然の叡智」をテーマに開催されたこの万博で小河さんは、健康と環境こそがこれからの課題だと感じました。

 栄養系の大学卒業後、食品会社で働いていた小河さんは、野菜の色彩や栄養面で生活の中から健康を支えていきたいと新規就農を決意します。

 そこで、栽培品目の中心には、子供から高齢者まで食べやすく、栄養価の高い野菜として「いちご」を選択しました。休日に茨城の農家へ通い栽培技術を学んだ小河さんは、平成24年パイプハウス6棟を設置し就農しました。

 

 

 小河さんの「いちご」は収量こそ上がらないものの品質は高くレストランなどに好評でしたが、平成26年の雪害でハウスが倒壊してしまいました。

 

 栽培方法にもこだわっていた「いちご」でしたが、ハウス再建を機に広く機能性を持った野菜の生産をしたいと考え、ポリフェノールが豊富な赤色や紫色の野菜や西洋野菜を主力品目に変更しました。

 このことにより栽培品目が増加し、直売所やスーパー、レストランへ出荷量が増え経営も安定しました。

 

 小河さんには親から引き継いだ家業があるため、農業を専業とすることができません。

 そのため雇用により栽培管理を補完していますが、従業員を地域の担い手として育成することにも注力しています。平成28年度の埼玉県青年農業者研究大会では、従業員の村上さんが取組んだプロジェクトを発表しました。

dai73_2

 また、「野菜を通じて元気を支えていく」ため野菜ソムリエの資格を取得し、生産だけでなく食べ方の提案などにも積極的に取り組んでいます。

 

 小河さんが就農している東松山市は、人口9万人の直売野菜生産が主体の地域。

 大規模な農家はいませんが、消費者と直結しているメリットをいかし、今後は種苗会社や食品加工会社と連携して、「見て、食べて元気になる」野菜の魅力を伝える取組みをしていきたいと考えています。

 

 

 

お問い合わせ

農林部 農業支援課 新規参入支援担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎5階

ファックス:048-830-4833

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?