Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > しごと・産業 > 農業 > 技術支援 > 埼玉農業男子特集 > 埼玉農業男子(第66回西海陽介さん(所沢市))

ここから本文です。

 

掲載日:2017年1月19日

埼玉農業男子(第66回西海陽介さん(所沢市))

地域の若手農家と切磋琢磨し、農業を盛り上げていきます!

 所沢市の特産であるほうれんそう、こまつな、さといものJA共販出荷に加えて、直売など新たな分野に挑戦し、4Hクラブの仲間とともに地域を盛り上げている西海陽介(にしがい ようすけ)さんについて紹介します。

 西海さんは大学は農学部へ、そして卒業後は農業大学校(実践コース)に進みました。農業大学校では家で栽培したことのない30品目以上の野菜を栽培したり、農家研修をしたりするなかで、直売を取り入れた経営について学びました。

「大学校での一年間は様々な野菜栽培ができて本当に楽しかった。ハウスでのイチゴ栽培やトマトといった施設栽培が経験できたのもよかった。」と西海さん。

dai66_1ほうれんそうの生育状況を確認する西海陽介さん

 

 就農後は、自宅のすぐ近くに大型の直売店ができたこともあり、大学校での経験をそのまま活かして、直売所への出荷を試してみることにしました。

 スイートコーンやオレンジカリフラワーなど、いままで家で栽培したことのない品目であっても、西海さんは「自分で1から考える楽しみがある」と前向きです。これらの野菜は直売所では完売が続く人気商品となっています。

 西海さんは所沢市4Hクラブ(19人)に所属し、市内の同年代の農家仲間とともに様々な取り組みに参加しています。

 なかでも、平成27年に同期の栗原寛さん、町田弘貴さんとともに取り組んだプロジェクト活動「『芋名月』に向けたさといもの提案」では、さといもの早掘りに取り組み、そのいもの中でも小さなサイズのいもを「きぬかつぎ」として提案することを発表。その活動は、(1)新たな視点により付加価値化を高めた(2)地域への波及効果が大きいと高く評価され、平成28年7月20日に開催された関東ブロック農村青少年(4H)クラブプロジェクト実績発表会 プロジェクト発表の部 地域活動部門で優秀賞を受賞しました。

dai66_2左から栗原寛さん、西海陽介さん、町田弘貴さん

 

 西海さん達は関東地区代表として、平成29年2月28日に開催される第56回全国農業者会議にも出場する予定です。

 4Hクラブの仲間には、西海さんと同じように市場出荷に加えて新たに直売に挑戦している農家も多く、仲間内でよく情報交換を行っています。

「地域の若手農家と切磋琢磨することで、他産地との競争をしていくことが、自分のスキルアップだけでなく、埼玉の農業を支えていくことになると思います。」

 今後も地域の仲間と協力して、農業を盛り上げていきます!と、常に若い力がみなぎる西海さんです。

 

 

 

お問い合わせ

農林部 農業支援課 新規参入支援担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎5階

ファックス:048-830-4833

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?