Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > しごと・産業 > 農業 > 技術支援 > 埼玉農業男子特集 > 埼玉農業男子(第61回田島祥之さん・充さん(加須市))

ここから本文です。

 

掲載日:2016年12月8日

埼玉農業男子(第61回田島祥之さん・充さん(加須市))

「規模拡大」という共通の目標に向かって頑張っています

 加須の田園風景の中にひときわ目立つ1000坪のハウス。そこできゅうりを栽培している田島祥之(たじまよしゆき)さん、田島充(たじまみつる)さんを紹介します。

 田島農園では、兄の祥之さん、弟の充さん、両親の4人がきゅうりを栽培しています。父・啓司さんが主に管理するハウスも合わせると1400坪あり、加須の中では最大級の生産規模です。

dai61_1(写真 前:祥之さん、後:充さん)

 

 

 先に就農したのは弟の充さんでした。高齢の祖父母に代わってきゅうりの生産に取り組みたいと考え、農業大学校卒業後に就農しました。

 

 その1年後、兄の祥之さんは農業の「自分が頑張った分だけ収入が増えるところ」にひかれ、それまでの仕事を辞めて就農しました。

 dai61_2dai61_3

 二人が力を入れていることは、ハウス内の状態を「見える化」することです。ハウスの中には、温度・湿度・二酸化炭素濃度などを表示する機器を導入し、きゅうりにとって最適な環境になるように、細やかな管理を行っています。

 今後の目標は、現在のおよそ倍の面積である2500坪まで規模拡大することです。そのためには、さらに栽培技術を向上させることや、従業員を活用することが課題です。今後の活躍が期待されます。

 

 

 

 

 

 

お問い合わせ

農林部 農業支援課 新規参入支援担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎5階

ファックス:048-830-4833

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?