Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > しごと・産業 > 農業 > 技術支援 > 埼玉農業男子特集 > 埼玉農業男子(第58回蛭間貴弘さん(新座市))

ここから本文です。

 

掲載日:2016年10月26日

埼玉農業男子(第58回蛭間貴弘さん(新座市))

豊かな武蔵野台地が育む野菜づくりを継承する

 緑豊かな武蔵野の面影を残す新座市は、江戸時代の新田開発から始まる農業の歴史があり、近年は豊かな土壌を活かした高品質なにんじん、さといもの産地でもあります。その野菜づくりを継承して未来につなげよう、とがんばっている蛭間貴弘(ひるま たかひろ)さんを紹介します。

  農家の長男に生まれた貴弘さんは大学卒業後就農し、両親から野菜づくりを学び、今年で5年目になります。「現在では仕事にも慣れましたが、先祖からの農地を大切に継承して栽培に取り組み、食べてくれる人に愛される、おいしくて品質の良い野菜を作り続けたい。」と抱負を語ってくれました。

dai58_1

 新座市の若い農業者の集まりである「新座4Hクラブ」に所属していますが、27年度はプロジェクト活動として仲間とともに新座市の主要品目であるにんじんの品種検討に取り組みました。今後も仲間とともに産地の活性化と品質向上に取り組んでいきたいと考えています。

dai58_2

 貴弘さんの家では、にんじん、さといも、ほうれんそうを中心に、トウモロコシ、ブロッコリー、ナス、ピーマンなど多くの露地野菜を栽培し、市場出荷の他、畑の脇に設置した野菜の自動販売機で販売しています。その新鮮さと手軽さが受け、朝のうちになくなってしまうほど人気があります。今後は、さらに野菜のバリエーションを増やすなど消費者需要に対応し、直売部門を充実していきたいと考えています。

dai58_3

 10月中旬からさといもの収穫を行っています。また、11月中旬にはにんじんの収穫が始まる予定で、今は畑の中ですくすく育っています。

 「新座でとれた野菜をぜひご賞味ください。」 

 手塩にかけた農産物に自信が覗く貴弘さんでした。

 

 

 

 

 

 

お問い合わせ

農林部 農業支援課 新規参入支援担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎5階

ファックス:048-830-4833

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?