Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > しごと・産業 > 農業 > 技術支援 > 埼玉農業男子特集 > 埼玉農業男子(第56回町田裕さん(横瀬町))

ここから本文です。

 

掲載日:2016年9月21日

埼玉農業男子(第56回町田裕さん(横瀬町))

農園と地域の夢を描く、若き専務取締役

お客様が喜ぶ農園目指して17年!地域活動にも積極的に取り組む町田裕(まちだ ひろし)さんを紹介します。

 町田裕さんは、いちご、ぶどう、しいたけ狩りやマスのつかみどりなどができる体験型農園「(有)小松沢レジャー農園」の二代目です。17年前にこの農園に就職し、現在は専務取締役を務めています。

dai56_1

 取材は、ぶどうシーズンが本格的になってきた9月初旬、園内にはぶどうがたわわに実り、平日にもかかわらず収穫体験を楽しみにやってきたお客様が大勢いました。

 町田さんは、多くの従業員と一緒に生産管理に携わるだけでなく、作業の指導も行っています。

「栽培の理論から具体的な管理方法までを丁寧に教えるよう心掛けています。その成果もあり、今年はいちごもぶどうも過去最高の出来です。」

と嬉しそうに話してくれました。

dai56_2

 そんな町田さんの目標は「自分が居なくても農園の業務が回ること」です。そのため、業務の仕組みづくりや業務の中にあるムダを省くことなどに注力し、これによって生まれた時間を新たな事業展開に使いたい、とのことでした。最近は、いちごを使った加工品の試作に取り組んでいます。

 また、町田さんは今年度設立した「JAちちぶ青年部」の初代部長を務めています。「勉強会や情報交換会を積極的に企画し、若い農家の交流の場をつくることで、秩父地域全体で農業のレベルアップを図りたい。地域全体を盛り上げたい。」そんな思いで活動をしているそうです。

dai56_3

    これからも町田さんは、自社の経営、JAちちぶ青年部長という二つの場から、秩父を盛り上げてくれることでしょう。

 

 

 

 

 

 

お問い合わせ

農林部 農業支援課 新規参入支援担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎5階

ファックス:048-830-4833

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?