Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > しごと・産業 > 農業 > 技術支援 > 埼玉農業男子特集 > 埼玉農業男子(第54回石川裕典さん(松伏町))

ここから本文です。

 

掲載日:2016年8月25日

埼玉農業男子(第54回石川裕典さん(松伏町))

四代続いた品質と信頼の看板を守りたい!!

松伏町でねぎを栽培している農業男子、石川裕典(いしかわひろのり)さんを紹介します。

 石川さんの家は、四代続いている農家です。小さい頃から一生懸命働く両親を見て育ちましたが、自分が農業を継ぐとは思っていなかったそうです。しかし、大学生の頃に「両親が一生懸命守ってきたねぎ生産を自分の代で終わらせるのはいやだ!!」と一念発起、卒業と同時に就農しました。

dai54_1

 農業に取り組み始めた時、害虫や病気、少しの天候の変化でも左右される収量や品質など、ねぎ栽培がこんなに難しいものとは思わなかったそうです。また、両親が守ってきた信頼の看板がこんなにも重いものだったとも気がつかなかったとのことです。

「だから、今はねぎ栽培の勉強中、両親から、畑のねぎからいろいろなことを吸収しています。目標は『長くてきれいなねぎ』、『天候や病害虫に負けないねぎ』です。当たり前だけど難しい目標ですが、一生懸命取り組んでいます。」と熱く語ってくれました。

 将来のビジョンも広がっています。いろいろな作型へのチャレンジや、地域の空いている農地を借りて規模拡大をするなど、担い手としての意識も高い裕典さんでした。

dai54_2 

 

 

 

 

 

 

お問い合わせ

農林部 農業支援課 新規参入支援担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎5階

ファックス:048-830-4833

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?