Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > しごと・産業 > 農業 > 技術支援 > 埼玉農業男子特集 > 埼玉農業男子(第43回吉田明宏さん(所沢市))

ここから本文です。

 

掲載日:2015年12月9日

埼玉農業男子(第43回吉田明宏さん(所沢市))

地域に根差した農業を目指して ~埼玉の「強み」を活かした新たな営農への挑戦~

所沢市でにんじん、さといも、ほうれんそう、赤じゃがいもや、直売向け野菜、カラーにんじんなどの生産を行っている吉田明宏(よしだあきひろ)さんを紹介します。

【ヨーロッパ農業との出会い】

 吉田さんは、農業を始める前の大学在学中に、フランスへ農業短期留学をしました。農業を始めてからは国際農業者交流協会(JAEC)が主催する海外農業研修で、今度はスイスへ。

 2度のヨーロッパ農業との出会いを通じ、日本農業との違いを実感した吉田さん。この経験から、様々な業者が数多くいる一方、人口も多い埼玉ならではの好立地をいかして、ヨーロッパ農業のように地域に密着した農業ができないかと考えるようになりました。

 dai43_3

 <カラー人参を手に笑顔の吉田さん> 

 

【所沢市4Hクラブでのプロジェクト活動を通じて】

 そこで吉田さんは、所属する所沢市4Hクラブで、元クラブ員の木下芳直(きのしたよしなお)さんと、共同プロジェクトとして地域密着型農業モデルケースを実施しました。

 特に流通面では、市商工会議所を中心に発足した「ところ産食プロジェクト」に、所沢市4Hクラブとして参加。ところ産食プロジェクトには、農業者と飲食店関係者など市内の「食」に携わる団体が所属しており、地元食材を求める飲食店向けの販路拡大に成功しました。

 吉田さんと木下さんは平成27年度関東ブロック農村青少年(4H)クラブプロジェクト実績発表会において、このプロジェクトの成果を発表し、地域活動部門の優秀賞を受賞しました。

 お二人は関東地区代表として、平成28年3月8~9日に開催される「第55回全国農業者会議」でプロジェクト発表します。

 dai43_1dai43_2

 <写真左:賞状を手に笑顔の吉田さん(左)と木下さん 写真右:発表中の様子>

 

【吉田さんの夢】

 「国産・地元産の野菜を食べることは、その野菜を作っている農家や、その地域の景観や環境も守っていることにつながる」というヨーロッパに定着していた考え方が、日本にも広まって欲しい、と吉田さんは言います。

 これからも4Hクラブの仲間とともに、珍しい野菜の共同生産などを行って、これらの野菜が一般にも広がるように頑張っていきたい、と話してくれました。

 

 

 

 

 

 

お問い合わせ

農林部 農業支援課 新規参入支援担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎5階

ファックス:048-830-4833

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?