Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > しごと・産業 > 農業 > 技術支援 > 埼玉農業男子特集 > 埼玉農業男子(第39回福島優太さん(加須市))

ここから本文です。

 

掲載日:2015年10月2日

埼玉農業男子(第39回福島優太さん(加須市))

うちの自慢の巨峰・・・その魅力を伝え続けたい

今回は、埼玉県農業大学校を卒業後、加須市でぶどう栽培に取り組む農業男子、福島優太(ふくしまゆうた)さんを紹介します。

 今から57年前にお祖父様が始めたぶどう栽培、福島家では今もなお毎日、ぶどうの生育や管理の話がつきません。そんな、ぶどうを愛する家庭の中で育った福島さんは、自然に農業に興味を持ち、最初は反対していたご両親を説得、お祖父様の後を継ぐため、5年前に就農しました。

39_1

 自慢の味を生み出しているのは、長年の経験から、土地、風土に合わせて培われた技術。それを継承し、さらに磨きをかけて、後世に伝えて行くのが自分の役割だと考えています。

 また、福島さんは、加須市の青年農業者組織「ヤング農マンKAZO」のメンバーとして、地域農業を盛り上げるための活動を行っています。その一環として、地元イベントでの販売などに積極的に協力し、地域農産物の魅力を伝えています。

39_2

 管理作業で気づいたことは即実行、その結果でぶどうの生育が変化していく。そんな日々の繰り返しが楽しいという福島さん。

「新しい品種、栽培技術、販売方法など、これから試してみたい事はたくさんあります。」

と、目を輝かせて話してくれました。 

 

 

 

お問い合わせ

農林部 農業支援課 新規参入支援担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎5階

ファックス:048-830-4833

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?