Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > しごと・産業 > 農業 > 技術支援 > 埼玉農業男子特集 > 埼玉農業男子(第38回中田淳夫さん(川口市))

ここから本文です。

 

掲載日:2015年9月29日

埼玉農業男子(第38回中田淳夫さん(川口市))

植物は、心を元気にします。だから身近な緑を気軽に楽しめる提案をして行きたい。

 川口市の安行と言えば、古くから植木の町として知られています。安行植木の歴史と伝統を支える植木職人、中田 淳夫(なかだ あつお)さんを紹介します。

 農業系の大学を卒業後、海外の植木についても知りたいとアメリカ、オレゴンでの派米研修を経て、10年前に実家の安行殖産園に就農しました。

dai38_1

「現在は、グランドカバーやひざ下ぐらいのコンテナ植木を中心にギボウシやハナミズキ、レッドロビンにグレビレア、シラカバ等の生産販売を行っています。」

と話してくれました。

 公共事業やマンション、住宅等の注文に応じて用意するため、樹種が増えて、今は200種類ぐらいの様々な植木を取り扱っているそうです。

 

「川口市での農業は、住宅が混在するようになってきて農業を行う上では地域住民との調和が不可欠です。だからこそ安行植木の歴史を守り、次の世代に伝えることが自分の使命だと思います。」

と力強く答えてくれました。

dai38_3

 

 

 造園技能士1級の資格を持つ淳夫さん、庭としての植木だけでなく寄せ植えなどでも使えないかと思案中だそうで、もっと身近に緑を感じてもらえるようにしていきたいそうです。

 

 川口安行植木の植木職人として、今後の活躍が期待できる淳夫さんでした。

dai38_2

 

 

 

 

 

 

お問い合わせ

農林部 農業支援課 新規参入支援担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎5階

ファックス:048-830-4833

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?