Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > しごと・産業 > 農業 > 技術支援 > 埼玉農業男子特集 > 埼玉農業男子(第37回清水俊典さん(神川町))

ここから本文です。

 

掲載日:2015年9月20日

埼玉農業男子(第37回清水俊典さん(神川町))

サッカーに賭けた情熱を農業に!

 水稲、きゅうりの複合経営を行っている神川町の農業男子、清水 俊典(しみず としのり)さんを紹介します。

 平成26年の大雪で倒壊し再建したばかりのビニルハウスに、約7,000本ものキュウリ苗を定植し終えたところにお邪魔しました。

dai37_1<写真1 キュウリ苗を植え終えたばかりのハウスにて>

 俊典さんは、小学生の時からサッカー一筋に取組み、大学卒業後は、JFLのクラブチームでDFとして活躍した経歴の持ち主です。平成23年、JFL引退を契機に農業を始めました。

 ご両親と3人で、キュウリ5,000平方メートル、水稲5haの複合経営を行っており、消費者ニーズを考えて、安全・安心でおいしいキュウリ栽培を心掛けています。現在は、お父様に栽培技術を学びながら、地域の選果機利用組合の若者組織CSC(Culture Study Club)に所属し、若いキュウリ生産者同士で栽培技術を高めています。

dai37_2<写真2 植えたばかりの苗を確認しています。>

 「小さい頃から好きなサッカーばかりやってきた。農業を始めたころは全く違うフィールドで“アウェー感”があったが、今はだいぶ慣れてきた。農業はたいへんだが、現状に甘んじることなく、夢を持ってやっていきたい。」とアグレッシブに語ってくれました。

 また、「これからの農業は生産しているだけでは通用しない。これから、さらに加工や販売にも取り組み、法人を立ち上げたい。」と、今後の目標を語ってくれました。

 「プロサッカー選手の大半が20代半ばで引退した後、慣れない世界で新たな道を模索している。自分が世話になったサッカー界の若手の手助けとなる、セカンドキャリアの受け皿を作りたい。」と話す俊典さんです。

 今年は神川町農業青年会議所の会長の他、第36回埼玉県農業青年海外派遣研修にも参加し、積極的に活動しています。俊典さんは今、新たなフィールドで、着実に歩んでいます。

dai37_3 <写真3 埼玉県農業青年海外派遣研修成果発表会>

 

 

 

お問い合わせ

農林部 農業支援課 新規参入支援担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎5階

ファックス:048-830-4833

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?