トップページ > しごと・産業 > 農業 > 技術支援 > 埼玉農業男子特集 > 埼玉農業男子(第30回守屋一隆さん(さいたま市))

ページ番号:54594

掲載日:2021年7月12日

ここから本文です。

埼玉農業男子(第30回守屋一隆さん(さいたま市))

今は納得のいくブドウが作れるようになるのが目標です

 今回は、3年前に音楽関係の仕事から転向、現在ブドウ作りに夢中な農業男子、守屋一隆さんを紹介します。

 30-1

  守屋さんは実家の農業を継ぐにあたり、さいたま農林振興センターに研修先を相談。普及指導員からのアドバイスもあり、3年間久喜市にある埼玉県農林総合研究センター(現農業技術研究センター)で研修をしながら果樹全般の基礎を学び、その中からブドウ栽培に絞ることにしました。

  「研修の初日、剪定バサミを持ってくるように言われて、剪定バサミが解らなくて、それぐらい農業について知らなかったんです。研究センターの方からそれぐらい勉強してから来いと怒られました。」と今だから話せる話をしてくれました。

30-2

  現在、シャインマスカットを中心に30aのブドウ園の管理を行っている守屋さん、5年後をめどに1ha規模にまで規模拡大する予定だそうです。

  「今はブドウ栽培が面白く、つい夢中になって仕事をしてしまうので、農作業がオーバーワークになってしまうのが課題です。規模拡大を図る上でも雇用を考えて行きたいと思います。」と今後の計画についても話してくれました。

30-3

  将来は自分が作ったブドウから加工品も作りたいと意欲的な守屋さん。

  本格的な栽培を始めた今年は自宅に直売所も併設、守屋さんの挑戦は始まったばかりです。
30-4

 

 

 

 

お問い合わせ

農林部 農業支援課 新規参入支援担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎5階

ファックス:048-830-4833

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?