トップページ > しごと・産業 > 農業 > 技術支援 > 埼玉農業男子特集 > 埼玉農業男子(第29回大浦正国さん(毛呂山町))

ページ番号:54584

掲載日:2021年7月1日

ここから本文です。

埼玉農業男子(第29回大浦正国さん(毛呂山町))

自分が生きるための農業  新規参入から大規模農業を目指して!!

 今回は毛呂山町の農業男子、大浦正国さんを紹介します。

 29-1

  大浦さんは大学の工学部で就職活動中、何のために働くのか自問自答していました。

  そして「生きるために働き、自分のために働く」との答えに至り、食べ物を作る仕事をしようと一般企業への就職をやめ、農業の道を選んだのです。

   アルバイト仲間と二人で毛呂山町の地域指導農家を訪ねて、1年間の農業研修を経て借りた農地は10年以上耕作されていない荒れた状態で、開墾からのスタートとなりました。

  二人は直売野菜を中心に生産を始めましたが、当初は二人で働いても年間販売額が100万円ほどでした。このままでは生きるために始めた農業では生きられないと思い、またも自問自答することに。

  そして自分たちが望む所得から逆算して必要な生産量、栽培品目を導き出した結果、出荷量の調整がしやすい根菜類を主体にした生産に切り替え、更に小口の直売から大口出荷に大きく経営転換したのでした。

29-2

  今では経営規模を約5haまで拡大した大浦さん。今後はさつまいもなどの加工を行い、より収益性の高い農業を目指したいそうです。

  さらに20年後には、経営面積60ha以上、地域雇用の受け皿になる農業法人にしたいと、頼もしい夢を語ってくれました。

 

 

 

お問い合わせ

農林部 農業支援課 新規参入支援担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎5階

ファックス:048-830-4833

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?