トップページ > しごと・産業 > 農業 > 技術支援 > 埼玉農業男子特集 > 埼玉農業男子(第28回大島弘行さん(さいたま市))

ページ番号:54576

掲載日:2021年7月1日

ここから本文です。

埼玉農業男子(第28回大島弘行さん(さいたま市))

ワイルドな風貌で可憐な花生産をしています

 今回はさいたま市見沼区の花農家3代目、大島弘行さんを紹介します。

 

28-1

  さいたま市にある大島さんの家は750坪のハウスでスイレン、サイネリア、花苗を主軸に生産を行っている花農家です。

  幼いころから両親の農業を見て育った大島さんは、いずれは自分が農業を継ごうと思い埼玉県立杉戸農業高等学校を卒業。農業以外の仕事に2年間従事した後、20歳の時に実家の大島園芸に就農しました。

28-2

  大島さんは設備投資を極力抑え、低コストで良品質の花を生産することを目標にしているそうです。

  「花の経営では設備投資を抑えることは必須ですね。今ではスイレンとサイネリアが経営の中心となっています。もう1つ柱になる商品を考えたいと思っています。」と語ってくれました。
28-3

   昨年、子どもが生まれ将来のことも考えるようになった大島さん。

   大島家が花生産を始めて自分で3代目。4代目となるお子さんが「自分も花生産をやってみたい」と思うような経営にすることが今の目標だそうです。
28-4

  大きな体で可憐な花を育てる大島さんのあくなき探究は続きます。

28-5

 

 

お問い合わせ

農林部 農業支援課 新規参入支援担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎5階

ファックス:048-830-4833

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?