Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > しごと・産業 > 農業 > 技術支援 > 埼玉農業男子特集 > 埼玉農業男子(第26回小林紀之さん(鴻巣市))

ここから本文です。

 

掲載日:2015年6月13日

埼玉農業男子(第26回小林紀之さん(鴻巣市))

将来はIT農業を進め、ハイテク農業でもっと集約的にもっと効率的な水田農業を目指したい

 

今、鴻巣地域は、田植えの真っ最中です。暑い日差しの中、あちらこちらで田植え機が動いています。今回は、鴻巣市で、米麦を大規模に行っている農業男子、小林紀之さんを紹介します。

 

26-1

 幼い頃から両親の農業を見て育った小林さんは、自然と農業系の道へ進み、埼玉県立熊谷農業高校を卒業、茨城県の農業系大学に進学、露地野菜などを学び4年前に小林ファームへ就農しました。

 小林さんの家では、鴻巣市の荒川沿いで大規模に主穀経営(米・麦)を行っています。その面積は、東京ドーム10倍以上になるそうです。ですからトラクター、コンバインも大型の機械がたくさんあります。

26-2

 ちょうど8条植えの田植機でお父さんと忙しく田植えの作業中、隣の田んぼも大きな田植機で植えていると思ったら、なんと小林ファームの従業員さん。

 「面積が大きいので、うちでは田植機も2台体制で行っています。こちらのほ場は小麦の収穫を行って、また、すぐそのあとに稲を植えます。外での作業は正直大変ですが、自然の中で働く事は楽しいです。」と明るく答えてくれました。

 26-3

 今後の農業については、「大型機械の導入により効率化が進んでいる米麦の栽培ですが、IT企業と連携すればデータを使ったハイテク農業が進むと思います。また、高齢化、少子化で日本のお米の消費は減っていくことが予想されます。ですが、日本のお米の品質は、世界一だと思います。今後は、海外展開も視野に入れ、地域の担い手として規模を拡大したいと思います。」と話してくれました。

26-4

 

お問い合わせ

農林部 農業支援課 新規参入支援担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎5階

ファックス:048-830-4833

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?