Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > しごと・産業 > 農業 > 技術支援 > 埼玉農業男子特集 > 埼玉農業男子(第16回的場龍太郎さん)

ここから本文です。

 

掲載日:2015年2月24日

埼玉農業男子(第16回的場龍太郎さん(入間市))

第16回 みんなが笑顔になれるおいしいお茶づくりを目指して

nougyoudanshi16kai01

 

【就農のきっかけ】

 的場さんは実家の建設会社に勤めていましたが、4年前の結婚を機に奥様の実家の茶園「的場園」に就農しました。現在は栽培から狭山茶の製造・販売を行っています。就農の動機については、茶の製造に熱心で、特に製茶機械の開発に心血を注いでいる義父の存在が大きかったとのことです。

  異なる業界からの参入のため戸惑うこともありましたが、家族や仲間の指導や助けを受け、現在は的場園の売りである「濃くて甘いお茶」の生産に取り組んでいます。

nougyoudanshi16kai02

【広い世代に向けたお茶づくり】

 現在、将来に向けた茶樹の全面的な改植を進めるとともに、独自の製茶機械「芽機 (まとめき)」による新たな商品開発に取り組んでいます。その他、い世代や新しいお客を増やすために、マルシェなど人の集まる場所へ積極的に向いて的場園のPRを行っています。

nougyoudanshi16kai03

【入間市4Hクラブの活動】

 的場さんは平成25・26年度と入間市4Hクラブの会長を務め、同世代の農業者と交流を深めながら、新たな企画にチャレンジしています。

 今年度は、地域のPRを兼ねた婚活交流イベント「農パ de iruma2014」を企画・開催し、当日は男女各40名もの参加があり、イベントを大成功に収めました。

 「これからも仲間とともに地域振興や農業の活性化につながる様々なチャレンジをしていきたい。」と的場さんは語ってくれました。

【今後の目標】

 的場さんの今後の目標は、小さい子供からお年寄りまで皆が笑顔で、おいしい!といってくれるお茶をつくり続けていくことです。

 平成26年度関東ブロック農村青少年(4H)クラブプロジェクト実績発表会の意見発表の部で最優秀賞に輝いた的場さんは、

 「3月に開催される全国青年農業者会議では関東ブロックの代表として意見発表を行うことになっているので、しっかり発表したい。」と発表への意気込みも熱く語ってくれました。

nougyoudanshi16kai04

お問い合わせ

農林部 農業支援課 新規参入支援担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎5階

ファックス:048-830-4833

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?