Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > しごと・産業 > 農業 > 技術支援 > 埼玉農業男子特集 > 埼玉農業男子(第14回長谷川裕晃さん)

ここから本文です。

 

掲載日:2015年2月6日

埼玉農業男子(第14回長谷川裕晃さん(行田市))

第14回 自分流の経営を追求し続ける!

既存のマニュアルには頼らない高設いちご経営を展開

   nougyoudanshi14kai01 

 長谷川さんが高設いちご栽培を始めた平成20年当時は、県内で高設いちご栽培を行っている生産者は現在の1割程度でした。

 既存のノウハウで栽培しても味や食感の面で、いちご農家で育った長谷川さんが納得できるものは出来ませんでした。そこで、いちごの生理を徹底的に勉強し、温度、湿度、養液組成、管理作業等を見直し、高設栽培の仲間と情報交換を繰り返しながら、食味の良い高設いちご栽培理論を独自に確立したとのことです。

 長谷川さんが経営するベリーズファーム・ハセガワは、年間9,000人がイチゴ狩りに来園するほどの大人気ぶりです。常に効率化や規模拡大を視野に入れた経営改善を続けています。食味だけではなく、狙った時期の収穫確保についても計算されており、コンピューターによる環境制御や雇用労力の利用を前提とした理論的な生産技術組み立てで、苗生産からいちご販売まで無駄・ムラの無い経営を徹底追求しています。

 こうしたことは、就農前に勤務していた自動車業界の経験が源流となっているのだそうです。

 また、これまで受け入れた研修生は、県内各地で高設いちご経営を開始しており、生産者数の増加に大きく貢献しているだけではなく、グループでの情報交換がさらに独自技術の開発にもつながっています。

 いちごが多く採れる時期にはジェラートに加工しておき、来場者向けやイベントで販売を行っています。今後は加工部門を充実させ、いちごデザートや菓子をケータリングや店舗で販売、いちごグッズの販売も手がけて行きたいと、構想は広がります。

 長谷川流の経営が今後どの様に展開されていくのか、大変楽しみです。

 

 nougyoudanshi14kai02nougyoudanshi14kai03

お問い合わせ

農林部 農業支援課 新規参入支援担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎5階

ファックス:048-830-4833

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?