Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > しごと・産業 > 農業 > 技術支援 > 「農業法人経営支援セミナー」を開催しました

ここから本文です。

 

掲載日:2015年1月20日

「農業法人経営支援セミナー」を開催しました

開会 全景

農業の新たな担い手として企業等の農業参入を支援するとともに、農業経営の法人化を促進するため、「農業法人経営支援セミナー」開催しました。

セミナーは二部制で、第1部は「企業の農業参入」、第2部は「農家の法人化」がテーマで、講演と事例発表を行いました。

農業参入を考える県内企業や法人化を考える農家など220人の方が参加されました。

(9月10日大宮ソニックシティホール)

第1部 企業の農業参入

1 演題:継続した地域活性と企業の農業参入に必要なポイント

講師:株式会社ファーマーズ・フォレスト

代表取締役  松本謙 氏

  • 同社は、宇都宮市を中心とした地域商社として、「道の駅うつのみやろまんちっくむら」の運営を中心に市民農園運営、農産物生産・流通、6次産業化プロデュース、旅行業、地ビール製造など地域活性化に幅広く貢献している。
  • 松本氏は、今後、日本が「縮退社会」を迎えるにあたり、農業界における規模拡大による収益の安定化は難しく、生産と消費の価値を高めること(=6次産業化)で戦略的に収益を高めることが重要であると述べた。
  • 企業の農業参入については、地域に溶け込み、地域の役に立つ企業であること(=地域との調和)が継続、成功のポイントだと締めくくった。

2 事例発表:企業によるトマト施設栽培へのアプローチ

発表者:株式会社グリーンファームらぱん

代表取締役 渡邊聖文 氏

  • 滑川町で、約4.1ヘクタールの温室によりトマトを栽培。
  • トマト栽培に特化したのは、栽培開始時の投資が大きく技術習得に一定の時間が必要なため新規生産者が少ないことや、国産野菜の年間産出額2.1兆円のうち2千億円がトマトであることから農業政策上、最も重要な野菜のひとつであると考えたためである。
  • 今後、首都圏の消費者に安定的に供給できる量と鮮度を落とさず届けられる「近さ」という有利性を前面に出して消費者の信頼を高め、販路拡大につなげていきたい。

第2部 農家の法人化

3 講演:法人化すると何が変るの?

講師:有限会社ぶどうばたけ

取締役 三森かおり 氏

  • 山梨県勝沼町で、社員5人で、ぶどう6ヘクタールを栽培。ワインやレーズン、地元農産物と組み合わせたパン等の加工品製造・直売を行う。
  • 産地の活性化とブランド力の維持を念頭に、牛の放牧と農業体験を組み合わせた耕作放棄地対策、イベントへの積極的な出店等を通じて町や農産物の情報発信の活動を行っている。
  • 夫婦一緒に積極的に県や国のセミナーに参加することで見識を広め、経営の将来像を築いた。将来の夢を家族経営協定で書面にして共通認識を持つことが、夢を実現化する法人化への大きな力となった。
  • 法人化後は、地域や客等の人のつながりを大切にし、また、県や国の事業を上手に活用することでて新たなチャレンジによる経営の広がりを持つことができた。「自分のできること・やりたいことを認識し、常に感謝の気持ちを持って行動することが大切」と法人化を目指す農家にエールを送った。

4 事例発表:人を生かす経営

発表者:株式会社一心園

代表取締役 山崎素治 氏

  • 深谷市(旧岡部町)で、社員・パート17人で、畑地10ヘクタールにレタス、ブロッコリー、スイートコーンなどを栽培。
  • 雇用の社会保障を充実させるため、平成24年9月に法人化した。畑地の担い手減少をチャンスにとらえ、規模拡大を進め雇用を増やしている。
  • 社員の社会保障の完備、週休2日の確保により、働きやすい環境を整備。また、経営が数字で見えるようになり素早い対応ができるようになった。
  • 法人化を目指す農家に「自分の限界を決めずにチャレンジを続け、先を目指し続けることが経営発展につながる」とメッセージを送った。

5 事例発表:法人化で積極経営に転換し販路拡大

発表者:株式会社あらい農産

代表取締役 新井健一 氏

  • 行田市で、社員4人で、延べ35ヘクタールの水稲を中心とした主穀作経営。
  • 後継者の就農を契機に経営拡大を進めたが、家族経営では労力や販路に限界を感じ、平成24年9月に法人化。
  • 法人化した後は、対外信用力が増し、東京都内の小学校へ学校給食用米への納入が決まるなど販路が広がった。
  • 「待つだけでは販路拡大できないので積極的に動こう。一方で、法人取引は、個人以上にビジネスマナーが大切である。」とメッセージを送った。

お問い合わせ

農林部 農業支援課 経営体支援担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎5階

ファックス:048-830-4833

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?