Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 各種手続・入札 > 入札(一般) > 物品・委託等 > 令和2年度儲かる観光農園産地育成支援事業(観光農園経営力向上研修)業務委託の企画提案の募集について

ここから本文です。

 

掲載日:2020年6月29日

令和2年度儲かる観光農園産地育成支援事業(観光農園経営力向上研修)業務委託の企画提案の募集について

 

 儲かる観光農園産地育成支援事業は、観光農園等の集客力、収益力向上を図り、観光農業を軸に地域の活性化を推進する事業です。

 この委託事業では、県内観光農園の更なる経営強化で収益を一層高めていくとともに、観光農園の集客力や状況に合わせた経営力を高めることにより地域の活性化を目指します。

 企画提案に係る質問は本日から6月24日(水曜日)まで、企画提案参加表明は7月6日(月曜日)まで、企画提案書提出は7月13日(月曜日)までです。 

 詳細は、募集要項等資料をご覧ください。

 ※質問事項への回答を掲載しました(6月29日)

1 委託の内容

(1)委託業務名

令和2年度観光農園経営力強化研修等運営業務

(2)委託期間

契約締結日から令和2年3月1日(月曜日)まで

2 募集の概要

(1)参加資格

 次の要件を全て満たしている法人とします。

 ア 次のいずれにも該当しないこと。

 (ア)地方自治法施行令第167条の4の規定により一般競争入札の参加資格を有しない者

 (イ)会社更生法第17条第1項又は第2項の規定による更生手続開始の申立てをした者又はされた者

 (ウ)民事再生法第21条第1項又は第2項の規定による再手続開始の申立てをした者又はされた者

 (エ)埼玉県の契約に係る入札参加停止等の措置要綱に基づく入札参加停止の措置を受けている者

 (オ)埼玉県の契約に係る暴力団排除措置要綱に基づく入札参加除外の措置を受けている者

 (カ)法人税、法人県民税、法人事業税、消費税及び地方消費税等納付すべき税金を滞納している者

 イ 随時、迅速かつ具体的な連絡、調整、協議等が可能な者であること。

 

(2)主なスケジュール

 ア 質問受付期間

令和2年6月24日(水曜日)午後4時まで

 イ 質問に対する回答

令和2年6月29日(月曜日)午後4時まで

 ウ 企画提案参加表明

令和2年7月6日(月曜日)午後5時まで

 エ 企画提案書の提出期限

令和2年7月13日(月曜日)午後5時まで

 オ 業務委託候補者選定委員会(書面開催)

令和2年7月14日(火曜日)から22日(水曜日)

  

(3)企画提案参加表明

本企画提案に参加を希望する法人は、企画提案参加申込書(様式1)(ワード:24KB)に必要事項を記載し、令和2年6月29日(月曜日)から令和2年7月6日(月曜日)午後5時までに農業ビジネス支援課農地活用担当あて電子メール、ファクシミリ、郵送又は持参で提出して下さい。

送信先 メールアドレス a4105-08@pref.saitama.lg.jp

ファクシミリ 048-830-4830

郵送 住所は下記「お問い合わせ」欄を参照してください。 

 

(4)質問事項について

質問書(様式2)(ワード:29KB)に質問内容を記載し、令和2年6月24日(水曜日)午後4時までに農業ビジネス支援課農地活用担当に電子メール又はファクシミリで送信してください。

 

質問書を送付した場合は電話連絡をお願いします。

送信先 メールアドレス a4105-08@pref.saitama.lg.jp

ファクシミリ 048-830-4830

質問があった場合、質問事項への回答は、令和2年6月29日(月曜日)午後4時までに、このページに掲載します。(質問が無い場合には掲載しません。)

 

質問事項への回答(6月29日掲載)

質問項目

質問内容

回答

6 留意事項(1)本委託業務の全部又は一部を第三者に委託し、又は請負わせてはならない。ただし、あらかじめ書面を県に提出し、県の承諾を得た場合はこの限りでない。

グループ会社2社(同じ資本下の2社となります)による共同企画(入札企業は1社)は公募ルールとして適用内でしょうか? 適用外でしょうか?

委託業務の全部または主要部分(研修の企画立案、事務局機能)は委託業者が実施する業務と考えています。その他の部分で第三者に委託する場合は、県に必要性を説明し、書面による承認を得てください。なお、外部委託費の比率は特に定めていません。グループ内であっても別会社であれば「第三者」となるため、あらかじめ書面を県に提出し県の承諾を得る必要があります。

4(1)研修の開催 について

全3回=3日間の開催時期、時間割など基準がございましたらお教えください。(例:1回ごとに1か月空けるなど)

おおむね御指摘の通りです。(第1回目の研修での受講生の反応を第2回の開催に活用するために必要な準備期間を確保できる程度の間隔を空けたいと考えています。)

詳細は、契約者と相談の上決定する予定です。

4(1)県内で観光農園の開園計画がある農業経営者 について

県内の観光農園経営者のリストは支給いただけると考えてよいでしょうか?

ご質問のとおり、県が用意します。

4委託業務の内容

(3)個別経営指導の実施

ウ 指導の方法は個別訪問を基本とする について

①見積もり、実施体制は、何名の訪問を想定すればよいか。

 

②上記に関して、訪問による指導とオンラインによる指導の判断基準を教えていただきたい。

①対象は10人程度、訪問側は観光農園の経営に知見ある指導者を含め1名以上(後日業務完了報告の提出の必要があるため、訪問指導の記録が取れる人数であれば問題ない)

②可能な限り訪問指導とするが県からコロナウイルス感染拡大防止対策としての外出自粛の要請があった場合、受講者である観光農園側で訪問の受け入れの体制が整っていない場合のほか、訪問指導よりも効果的な指導ができる場合などはオンライン等での指導をする。

(5)企画提案書の提出

企画提案書作成要領を参照の上、次の書類を令和2年7月13日(月曜日)午後5時までに農業ビジネス支援課農地活用担当に持参又は郵送(郵送の場合は「書留」とする)で提出してください。

 

(6)委託候補者の選定

県は、本業務委託候補者選定委員会により提案内容を総合的に審査し、委託候補者を選定します。

選定結果は、企画提案者に対して別途通知します。

3 資料・様式

4 業務委託候補者の名称 

 決定したらこの欄で公表します。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

農林部 農業ビジネス支援課 農地活用担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎5階

ファックス:048-830-4830

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?