トップページ > しごと・産業 > 農業 > 経営支援 > 令和3年度「観光農園経営力強化研修-オンライン-」秋コース申込受付中

ページ番号:200288

掲載日:2021年8月17日

ここから本文です。

令和3年度「観光農園経営力強化研修 ~オンライン~」秋コース申込受付中

埼玉県では、県内の観光農園経営者を対象に「観光農園経営力強化研修-オンライン-」を開催します。

昨年からのコロナ禍により、人々の暮らしが大きく変化しています。

県域を越えた移動が減っている中、「県外・国外に代わる『近くのお出かけ先』」が求められています。

また、季節によっては「密になりにくいレジャー」として観光農園の人気が高まり、関東近県の貴重な観光資源となっています。

あなたの観光農園に、また地域に、どのようにお客様を呼び込むかを一緒に考えていきませんか。

研修の概要

 1 開催概要

(1)講師

講師:大野一成

大野 一成 Ohno Kazunari

アグリコネクト(株)農業経営支援部 地方創生・地域活性事業部 マネージャー

産地と実需者をつなぐ国・自治体のビジネスマッチング事業を数多く手掛けており、マーケットのニーズをとらえた生産者向け商談・販売戦略研修や商談コーディネートの実績を多数有する。「埼玉農業経営塾」など同社が行う人材育成事業の運営統括を担当しており、年間100名を超える農業経営者の事業計画作成を支援している。


講師:松本武

松本 武 Matsumoto Takeshi 

(株)ファーム・アライアンス・マネジメント 代表取締役

1995年に家業の農業法人に入社。2007年にグローバルGAPを国内3例目、国内最大/最多品目数で取得。生産規模15ha(露地野菜)から50haに規模拡大し大規模農業生産法人に成長させる。2012年㈱ファーム・アライアンス・マネジメントを設立。グローバルGAP取得支援及び生産情報管理システムの提供を全国展開。国内農業再興に向け若手生産者を支援。


講師:黒澤元国

黒澤 元国 Kurosawa Motokuni 

(一社)埼玉県商工会議所連合会広域指導員

中小企業診断士・一級販売士。大学卒業後、大手流通会社等の勤務を経て、2008年4月に秩父商工会議所に入所。2021年4月より現職。

創業、経営革新、経営改善、事業再生、補助金活用支援などについて、全国でもトップクラスの支援実績を有する。6次産業化では兎田ワイナリーなどの支援事例もあり。2020年7月まで、秩父市農業委員も務める。

(2)開催日時・内容・講師

日時 内容 講師

夏コース

第1回

7月29日木曜日

午後1時30分から午後3時30分

地域連携の必要性について アグリコネクト株式会社 農業経営支援事業部
地域活性事業部 マネージャー 大野 一成

夏コース

第2回

8月5日木曜日

午後1時30分から午後3時30分

地域企業と観光農園の連携事例、商工会議所の役割 一般社団法人埼玉県商工会議所連合会
(秩父商工会議所駐在)広域指導員 黒澤 元国

夏コース

第3回

8月26日木曜日

午後1時30分から午後3時30分

コロナ禍で観光農園の対策事例について アグリコネクト株式会社 農業経営支援事業部
地域活性事業部 マネージャー 大野 一成

夏コース

第4回

9月9日木曜日

午後1時30分から午後3時30分

コロナ禍での観光農園の経営・衛生のリスク管理 株式会社ファーム・アライアンス・マネジメント
代表取締役 松本 武

 

日時 内容 講師

秋コース

第1回

9月30日木曜日

午後1時30分から午後3時30分

地域連携の必要性について アグリコネクト株式会社 農業経営支援事業部
地域活性事業部 マネージャー 大野 一成

秋コース

第2回

10月14日木曜日

午後1時30分から午後3時30分

地域企業と観光農園の連携事例、商工会議所の役割 一般社団法人埼玉県商工会議所連合会
(秩父商工会議所駐在)広域指導員 黒澤 元国

秋コース

第3回

10月21日木曜日

午後1時30分から午後3時30分

コロナ禍で観光農園の対策事例について アグリコネクト株式会社 農業経営支援事業部
地域活性事業部 マネージャー 大野 一成

秋コース

第4回

11月4日木曜日

午後1時30分から午後3時30分

コロナ禍での観光農園の経営・衛生のリスク管理 株式会社ファーム・アライアンス・マネジメント
代表取締役 松本 武

(3)受講方法

受講者自宅でのオンライン受講

(自宅での受講が難しい場合には下記問い合わせ先までお問い合わせください。

人数に限りはありますが、農林振興センター会議室等で受講できるようサテライト会場を設置します。)

 

2 対象者

埼玉県内で現在、観光農園を経営されている方、観光農園の安全・衛生対策に興味がある方、地域の活性化に興味がある農業経営者等

埼玉県内で今後観光農園の経営を検討されている方

3 受講料

 無料

 

4 申込方法・問合せ先

電子申請システム、ファクシミリで受付。

(1)申込期限

 夏コース:申し込みを締め切りました

 秋コース:令和3年9月27日(月曜日)

(2)申込先

 農業ビジネス支援課農地活用担当 

 (上記の電子申請システムのリンクからお申し込みください。ファクシミリの場合は、下記から申込書をダウンロードし、048-830-4830まで送信してください)

(3)問い合せ先

 農業ビジネス支援課農地活用担当 

 (電話:048-830-4093、メール:a4105-08@pref.saitama.lg.jp)

申込書、講座紹介パンフレット(PDF:1,321KB)

お問い合わせ

農林部 農業ビジネス支援課 農地活用担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎5階

ファックス:048-830-4830

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?