トップページ > しごと・産業 > 雇用 > 支援・補助 > 雇用調整助成金等について

ページ番号:174826

掲載日:2022年6月30日

ここから本文です。

雇用調整助成金等について

雇用調整助成金(新型コロナウイルス感染症の影響に伴う特例)

雇用調整助成金は、経済上の理由により、事業活動の縮小を余儀なくされた場合に、従業員の雇用維持を図るために、雇用調整(休業)を実施する事業主に対して、休業手当などの一部を助成するものです。
新型コロナウイルス感染症の影響に伴う雇用調整助成金の特例措置については、令和4年9月30日まで実施しています。
不正受給の対応を厳格化しています。(不正受給は「刑法第246条の詐欺罪」等に問われる可能性があります。)

 

雇用調整助成金制度については、
雇用調整助成金について【厚生労働省HP】をご覧ください。 

 

雇用調整助成金に関するお問合せは、

下記のコールセンターまたはお近くの公共職業安定所(ハローワーク)までお願いします。
 

雇用調整助成金コールセンター 0120-60-3999 受付時間は9時から21時 土日祝日含む

 

雇用調整助成金の申請窓口は、事業所の所在地を所管する各公共職業安定所(ハローワーク)又はオンライン受付システムとなります。

・申請を所管する県内各公共職業安定所【埼玉労働局HP】
・雇用調整助成金等オンライン受付システム【厚生労働省HP】

小学校休業等対応助成金・支援金

 厚生労働省では、新型コロナウイルス感染症に係る小学校等の臨時休業等により仕事を休まざるをえない保護者の皆さまを支援するため、「小学校休業等対応助成金・支援金」を設けています。令和3年8月1日以降令和4年6月30日までに取得した休暇が対象となります。(政府は対象期間を9月30日まで延長する方針を表明しています。延長されましたら、改めてお知らせします)

申請様式等の詳細は、【厚生労働省HP】をご覧ください。
事業者の皆さまには、この助成金を活用して有給の休暇制度を設けていただき、年休の有無にかかわらず利用できるようにすることで、保護者が希望に応じて休暇を取得できる環境を整えていただけるようお願いします。

「事業主の皆様へ 新型コロナウイルス感染症による小学校休業等対応助成金をご活用ください」(埼玉県作成のPRチラシ)(PDF:251KB)

詳細については、以下の厚生労働省HPを御確認ください。

小学校休業等対応助成金・支援金に関する問合せ先

雇用調整助成金、産業雇用安定助成金、小学校休業等対応助成金・支援金コールセンター

支給要件の詳細や申請書類の書き方等については、コールセンターへお問合せください。

電話:0120-60-3999

受付時間:9時00分から21時00分まで(土日・祝日を含む)

小学校休業等対応助成金に関する特別相談窓口

埼玉労働局では「企業にこの助成金を利用してもらいたい」等、労働者のかたからの御相談内容に応じて、企業への特別休暇制度導入・助成金の活用の働きかけ等を行っています。詳細は、【厚生労働省HP】を御確認ください。

電話:048-600-6210

受付時間:8時30分から17時15分まで(土日・祝日・年末年始を除く)

新型コロナウイルス感染症による小学校休業等対応助成金 特別相談窓口の御案内(埼玉県作成のPRチラシ)(PDF:232KB)

両立支援等助成金の「新型コロナウイルス感染症対応特例」

介護離職防止支援コース

厚生労働省では、新型コロナウイルス感染症への対応として、介護のための有給の休暇制度を設け、ご家族の介護を行う労働者が休みやすい環境を整備した中小企業主を支援するため、助成金の特例を実施しています。

育児休業等支援コース

厚生労働省では、新型コロナウイルス感染症への対応として、臨時休業等をした小学校等に通う子どもの世話を行う労働者に対し、有給(賃金全額支給)の休暇(労働基準法上の年次有給休暇を除く)を取得させた事業主を支援するため、助成金の特例を実施しています。

詳細は、【厚生労働省HP】を御確認ください。

両立支援等助成金に関する問合せ先

埼玉労働局雇用環境・均等室

電話:048-600-6210

 

お問い合わせ

産業労働部 多様な働き方推進課  

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎5階

ファックス:048-830-4821

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?