Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県概要 > 組織案内 > 産業労働部 > シニア活躍推進課 > 埼玉県アクティブシニア応援協議会

ここから本文です。

 

掲載日:2018年6月27日

埼玉県アクティブシニア応援協議会

埼玉県では、元気な高齢者(アクティブシニア)が自身の希望に合わせ就労や地域活動など様々な分野で活躍できる社会を構築するため、高齢者の働く場の拡大や地域デビューへの支援等に取り組んでいます。

こうした県の取組について有識者等から意見や提言をいただくため、埼玉県アクティブシニア応援協議会を設置いたしました。

平成30年度は委員への意見聴取を実施しています。

元気な高齢者(アクティブシニア)の就労や地域デビュー、健康づくりに関する県の取組について、各委員を訪問して御意見をいただきました。

意見聴取期間

  • 平成30年5月2日(水曜日)~平成30年5月15日(火曜日)    

提供資料

主な意見

(就労について)

  ・  65歳以上の方を重点的に支援する「生涯現役支援窓口」を県内11か所のハローワークに増設して、

  シニアの就業ニーズを踏まえた支援を行う。シニアの就労について、県のセカンドキャリアセンター

  とも協力していきたい。

  ・  国のパンフレットには、実施できていない項目に対応した解決方法の事例が記載されている。県の

  認定項目の記載の参考にしてみてはどうか。

  ・  「働きたい」と「働かざるを得ない」では大きな違いがある。どうしたらシニアライフについて県民

  に考えてもらえるようになるのか、全世代を総合的に捉える視点が必要である。

  ・起業に際して、チームを組んで特定の課題を解決するマーケットインの方法がそれぞれの経験・知識

  を生かせるためシニアの起業に向いている。課題解決に際してのナビゲートの役割が行政に求められて

  いる。

 

(地域デビューについて)

   ・  地域デビューの担い手講座もあるが、参加する人が同じだと広がりがない。カギは中心的担い手が新人で

あることである。

   ・  60歳以降でボランティアを始めた人も、40~50代くらいから考え始めるが、具体的には役職定年の

55歳から真剣に考え始める。この年代への働き掛けが重要である。

 

  (健康づくりについて)

   ・  健康長寿の取組は企業と一緒になって取り組むことが重要である。

・健康に興味がない層に対するアプローチが難しい。健康巡回教室でアンケートをしたところ、参加する

   人の健康に関する得点は高かったが、1人で住んでいる方を調査したら得点が非常に低かった。 

平成29年度は委員への意見聴取を実施しています。

元気な高齢者(アクティブシニア)の就労や地域デビュー、健康づくりに関する県の取組について、各委員を訪問して御意見をいただきました。

意見聴取期間

  • 平成29年10月27日(金曜日)~平成29年11月24日(金曜日)    

提供資料

主な意見

(就労について)

   ・  定年後も活躍できるシニアはたくさんいる。例えば、事務処理能力に優れている人材を企業や団体への

  再就職に結び付けていくことが大切である。

  ・  シニアが週3日働き、週2日地域活動を行うなど、仕事と地域活動をセットにした取組を提案することは

    できないか。

  ・  シニアにはゆとりがあって貢献できる新しい仕事をつくるなどの工夫が必要である。

 

(地域デビューについて)

   ・  元気なシニアが増えていくのは良いことであり、まちづくりに欠かせない。きっかけ作りも大事だが、関心

  のある人が実際に活躍する場を作ることが大事である。

   ・  地域デビューは東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会のような大きなイベントの機会をとらえ

   見せ方を工夫すると効果的ではないか。

   ・  やる気のある人材がいてもコミュニティがなければ施策は進められない。コミュニティづくりやネットワー

  クを見据えた出口戦略を固めることが効果や成果につながる。

 

  (健康づくりについて)

   ・  シニアの健康も大切だが、65歳以上からでは遅い。現役世代の時からいかに健康を維持していくか気を

   付けることが大事である。

   ・  企業への健康づくりの取組の普及というのは良いと思う。働き方改革などは企業側としても考えなければ

  ならない。

   ・  社会参加をすると健康になり、健康な人が社会参加に取り組める。健康づくりやフレイル(虚弱)予防と

   社会参加をつなげていくべきである。

 

平成28年度第2回アクティブシニア応援協議会

第2回アクティブシニア応援協議会の概要は以下のとおりです。

開催情報

  • 開催日時:平成28年10月28日(金曜日)午後3時~午後4時30分    
  • 開催場所:本庁舎2階庁議室(さいたま市浦和区高砂3-15-1)

議題

(1)アクティブシニア関連事業について

  • 県の取組状況
  • 意見交換

(2)シニアドリームフェスタ in SAITAMAの開催について 

会議資料

結果概要

 議事内容

アクティブシニア応援協議会

平成28年度第1回アクティブシニア応援協議会

第1回アクティブシニア応援協議会の概要は以下のとおりです。

開催情報

  • 開催日時:平成28年5月16日(月曜日)午後2時30分~午後4時    
  • 開催場所:本庁舎2階庁議室

議題

  • 座長挨拶
  • 委員紹介
  • アクティブシニア関連事業説明
  • 意見交換

会議資料

結果概要

議事内容

アクティブシニア応援協議会

 

 

 

 

 

 

アクティブシニア応援協議会資料

 


 

 


 

 


 

 


 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

産業労働部 シニア活躍推進課   企画・調整担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎5階

電話:048-830-4540

ファックス:048-830-4854

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?