トップページ > しごと・産業 > 雇用 > 障害者の就業支援 > 障害者の仕事チャレンジ > 埼玉県障害者雇用優良事業所(第97号-第100号)

ページ番号:140505

掲載日:2021年4月26日

ここから本文です。

 埼玉県障害者雇用優良事業所(第97号-第100号)

埼玉県障害者雇用優良事業所に認証された企業を紹介したページです。コバトン

   97. 日新化工株式会社

   98. 有限会社ノア

   99. ヨネザワ製菓株式会社

  100. 株式会社スズキ自販埼玉

 認証第97号 日新化工株式会社

日新化工株式会社の紹介

認証日

平成30年10月5日(認証更新:令和3年4月1日)

所在地

入間市狭山台4-15-10

障害者雇用率

7.95%

労働障害者数

6人(身体、知的、精神)

障害者雇用のきっかけ、経緯など

  専門性を持たない新規の仕事の依頼が入り、障害者求職所を募集した。
労働力の確保、生産性の向上、共生社会の実現。

雇用継続への取組など

個々の能力(特性)に合った職種へ配置。
スキルアップを目指した教育。
休日・休憩時間の配慮。
自立させる為に、自信をつけさせる指導。
ジョブコーチ支援3名実施。
支援機関の定期的な訪問。
日々の声かけによる体調管理。
採用前の職場見学・短期訓練制度利用。
休憩室にTVを配置(聴覚の方とのコミュニケーション)
障害者雇用セミナーへ多数参加。
障害者生活相談員資格取得。

 

→当社ホームページ:http://www.nissinkakou.co.jp/company/(別ウィンドウで開きます) 

 認証第98号 有限会社ノア

有限会社ノアの紹介

認証日

平成30年11月9日(認証更新:令和3年4月1日)

所在地

富士見市水谷2-8-9

障害者雇用率

32.43%

労働障害者数

6人(知的、精神)

障害者雇用のきっかけ、経緯など

   有限会社ノアは埼⽟県富⼠⾒市に本社と⼯場を置き、平成 4 年に開店以来、近隣地域に 9店舗を展開する、クリーニング業務を⾏う企業である。障害者雇⽤の始まりは起業から 2 年後の平成 6 年。

  そのきっかけは平成 5 年に当時の社⻑(現会⻑)の知り合いに養護学校の先⽣がおり、実習を受け⼊れたことである。その後、平成 6、7、8 年と 3 年連続で障害者雇⽤を⾏うこととなり、そのうち 1 名を除く 2 名は今でも働き続けている。その後も障害者雇⽤を続け、現在は前述の 2 名を含む 6 名の障がい者が働いている(知的 5 名、精神 1 名)。

  知的の 5 名の内 4 名は特別⽀援学校からの⼊社で、残りの 1 名は 2020 年 5 ⽉にトライアル雇⽤制度を活⽤し、就労移⾏⽀援施設から⼊社している。

  精神の 1 名は、2019年に超短時間雇⽤という形で配送の仕事で働き始め、2020 年の 9 ⽉から、短時間正社員という就業規則で特別に設け、正社員として働いている。

  知的障がい者 5 名の主な業務内容はワイシャツの仕上げ作業である 

雇用継続への取組など

   短時間正社員という就業規則を特別に設けた。普通は 40 時間労働のところを、30~35 時間労働という形にして、正社員として働いている。
  実習などの障害者雇⽤の仕組をしっかり利用して、お互いが良いと思えた場合、つまり上⼿くマッチングできた方を雇⽤している
  障害者雇⽤に関して、あまり障害者雇⽤をしている感覚は無く、働いている⼈の数⼈がたまたま障がい者であったという感じで捉えている。
  弊社は企業であるため、慈善事業で障がい者を雇⽤しているのではなく、戦⼒として雇⽤しているに過ぎない。
  定着度合いに関しても、弊社では前述の 1 名の他には、障がい者は 誰も退職していない。
  合理的配慮など特別な配慮はしているつもりは全く無く、ただ仕事を楽しいと思ってくれているので働き続けてくれているのではないか。
  そういう意味では、たまたまマッチングが良かっただけに過ぎないと思います。
 
 →当社ホームページ:http://www.c-noah.jp/(別ウィンドウで開きます)

 認証第99号 ヨネザワ製菓株式会社

ヨネザワ製菓株式会社の紹介

認証日

平成30年12月6日(認証更新:令和3年4月1日)

所在地

入間郡三芳町竹間沢349-1

障害者雇用率

6.29%

労働障害者数

8人(身体、知的、精神)

障害者雇用のきっかけ、経緯など

   地域の障害者就労支援センターからの紹介がきっかけになり、8年前から受け入れを開始。国立職業リハビリテーションセンターや特別支援学校の実習生の受け入れを行い、就労に繫げております。工場では原材料の受け入れ、商品のパック詰め、出荷口までの運搬、売店販売、清掃、番重洗浄などのいろいろな仕事があります。

 

雇用継続への取組など

勤務時間や日数の柔軟な配慮
従業員向けに専門家による障害特性理解の講座の開催
担当者のジョプコーチの取得
定期的な家族や支援機関との個別面談の実施
実習生の受け入れ(随時。年3~4回)
 

  ページ先頭に戻る

 認証第100号 株式会社スズキ自販埼玉

株式会社スズキ自販埼玉の紹介

認証日

平成30年12月18日(認証更新:令和3年4月1日)

所在地

さいたま市北区吉野町2-222-10

障害者雇用率

2.74%

雇用障害者数

8人(身体、知的、精神)

障害者雇用のきっかけ、経緯など

   障害者雇用率が達していなかったことがきっかけである。
現在は障害者雇用に協力できるよう、中古車の洗車業務の仕事を中心に雇用を行っている。 

雇用継続への取組など

  障害者就労支援センターと連携し、雇用継続および障害者雇用を行っている。
  特別支援学校の生徒の職場見学および職場実習の受入れを行っている。

  通勤・勤務時間の配慮として、段階的に勤務時間を延ばしていく対策をしています。
  段階:入社してから半年間は本人希望の週日数で実働6時間、休憩1時間スタート。半年間病気以外で休まず遅刻せずに出勤が出来たら実働7時間に延ばす。

  フルタイム希望の場合は、段階的に他の仕事も任せていき、洗車以外の仕事も出来るようになってからフルタイムへの変更としている。
※上記を決定する際は、障害者就労支援センターの職員の方を交えて行っている。

→当社ホームページ:https://www.suzuki.co.jp/dealer/sj-saitama/(別ウィンドウで開きます)

お問い合わせ

産業労働部 雇用労働課 障害者・若年者支援担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎5階

ファックス:048-822-3133

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?