トップページ > しごと・産業 > 雇用 > 障害者の就業支援 > 障害者の仕事チャレンジ > 埼玉県障害者雇用優良事業所(第16号-第19号)

ページ番号:27281

掲載日:2021年4月26日

ここから本文です。

埼玉県障害者雇用優良事業所(第16号-第19号)

 16. 株式会社アグリカルチャーセンター
 18. 株式会社JR東日本グリーンパートナーズ
 19. 株式会社大宮鍍金工業

 認証第16号 株式会社アグリカルチャーセンター

株式会社アグリカルチャーセンターの紹介

認証日

平成24年4月16日(認証更新:令和3年4月1日)

所在地

秩父郡小鹿野町下小鹿野601-1

障害者雇用率

20.00%

労働障害者数

6人(知的)

障害者雇用のきっかけ、経緯など

  特別支援学校からのご紹介。
  障害の特性に配慮し、障害者も健常者もお互いを補い合いながら活躍できる職場を作りたい。

雇用継続への取組など

・運転免許を持っていないため、会社がマイクロバスにて送迎。(2年前~)
・作業に関しては他の従業員と区別なし。
・就労支援の団体からのサポート  月1回の定期訪問・面談・状況報告
・通院に合わせた休暇取得
・特別支援学校からの職場見学、実習の受け入れ

→当社ホームページ:http://www.agriculturecenter.co.jp/(別ウィンドウで開きます)

 認証第18号 株式会社JR東日本グリーンパートナーズ

株式会社JR東日本グリーンパートナーズの紹介

認証日

平成24年5月7日(認証更新:令和3年4月1日)

所在地

戸田市新曽847-5

障害者雇用率

87.39%

労働障害者数

38人(身体、知的、精神)

障害者雇用のきっかけ、経緯など

 JR東日本グループとして社会的責任をさらに遂行するため、また、障がい者にとって働きやすい環境の充実を図るため、障がい者雇用の促進を目的とした子会社を設立することとしました。

雇用継続への取組など

  障がい者スタッフ一人ずつに担当指導員を配し、個別面談や毎月の振返りなどを通して、定着支援や成長支援を行っています。
  地域の就労支援機関と定期的(月1回)に情報交換の場を設け、情報の共有化を図っています。
  指導員のレベルアップのために、企業在籍型職場適応援助者や障害者職業生活相談員資格の取得、各種勉強会への積極的な参加を推進しています。
  県立職業能力開発センターの委託訓練や特別支援学校に通う学生の実習の受入れを通じ、指導員のみならず、障がい者スタッフの指導能力向上に努めています。

 認証第19号 株式会社大宮鍍金工業

株式会社大宮鍍金工業の紹介

認証日

平成24年5月31日(認証更新:令和3年4月1日)

所在地

さいたま市北区日進町1-188

障害者雇用率

23.85%

労働障害者数

10人(知的)

障害者雇用のきっかけ、経緯など

  1988年(昭和63年)に地元の学校からの要請により初めて職場実習を受け入れ、翌年の卒業後に正社員として採用した。

 その後も実習を受けた人の中から、本人と親、学校と相談して採用を行った。

雇用継続への取組など

  障害があるからといって区別することなく、他の従業員と同じ製造ラインで作業を行っているが、障害があっても楽しく働き続けられる作業環境を維持するため、全ての従業員がサポートしている。

  また、ハイキングやボーリング大会などのレクリエーションを定期的に行って、従業員の懇親を深めている 。

  全員が週5日間をフルタイムで勤務しているが、繁忙期には本人のやる気に応じて時間外勤務を命じている。

→当社ホームページ:http://www.omiya-mekki.co.jp/(別ウィンドウで開きます)

お問い合わせ

産業労働部 雇用労働課 障害者・若年者支援担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎5階

ファックス:048-830-4851

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?