トップページ > しごと・産業 > 雇用 > 障害者雇用の支援 > 障害者の仕事チャレンジ > 埼玉県障害者雇用優良事業所(第121号-第125号)

ページ番号:203130

掲載日:2022年4月11日

ここから本文です。

 埼玉県障害者雇用優良事業所(第121号-第125号)

  121.大同機工株式会社

  122.医療生協さいたま 生活協同組合

  123.森紙器株式会社

  124.社会福祉法人 至福の会

  125.有限会社福祉ネットワークさくら

 認証第121号 大同機工株式会社

認証日

令和3年5月18日

所在地

戸田市新曾336

障害者雇用率

3.55%

労働障害者数

3人(身体・精神)

障害者雇用のきっかけ、経緯など

 人員不足や作業効率を上げる為、障害者の方でも適した職種があるのではないかと思い募集した。

雇用継続への取組など

面談を実施しコミュニケーションを取り本人の意見を聞きだす。

精神の方には毎日の気持ちの状態を5段階評価のうちどれくらいかを記入してもらい、早めに気が付いてケアが出来る様にしている。

支援センターが実施しているセミナーに参加し他社との意見交換をした。

→当社ホームページ:http://www.daido-kiko.co.jp/

 認証第122号 医療生協さいたま 生活協同組合

認証日

令和3年6月4日

所在地

川口市木曽呂1317

障害者雇用率

2.67%

労働障害者数

42人(身体・知的・精神)

障害者雇用のきっかけ、経緯など

 当生協は人が人として大切にされる社会をめざし、人権を守ることを仕事の中で大事にしています。障害者にやさしい職場づくりは誰もが働きやすい職場づくりにつながります。共に働く仲間として尊重しあえる職場風土を障害者雇用により推進します。

雇用継続への取組など

  雇用にあたり、本人と職場(仕事)のマッチングを大事にしています。そのため、必ず見学や実習を行い本人の意向を第一にして継続した就労ができるよう話し合い支援内容を相談します。

  就労に長期間のブランクがある場合は、短時間トライアル雇用を積極的に受け入れて時間をかけて週20時間以上の雇用を目指します。短時間トライアル雇用から週30時間以上の勤務になった方が4名います。

  企業在籍型ジョブコーチを配置し、定期的に面談を実施しています。

  医療、介護事業の実績を活かし専門職の相談や対応が可能です。

  埼玉県障害者雇用総合サポートセンターをはじめ、国立職業リハビリテーションセンター、地域の障害者就業・生活支援センターおよび障害者就労支援センター等と連携をとり就労支援を行っています。

→当生協ホームページ:https://www.mcp-saitama.or.jp

 認証第123号 森紙器株式会社

認証日

令和3年6月28日

所在地

草加市青柳2-11-43

障害者雇用率

4.65%

労働障害者数

4人(知的・精神)

障害者雇用のきっかけ、経緯など

  弊社は創立以来58年の間、「人の喜びは我が喜び」として社会貢献

を企業理念とし事業活動を行ってきました。そのひとつの「人権尊重」の観点より「障害者雇用」を行ってまいりました。

雇用継続への取組など

「草加 かがやき 特別 支援 学校」と連携し、毎年、生徒の職場実習を希望通りに受入れて、希望があれば「正社員」として採用しています。

「正社員」として採用された方の希望により、「通勤、勤務時間」も配慮を心がけています。

実際の作業場では、施設的に最も安全な場所で、かつ力の必要のない仕事を担当させています。

また、教育担当として役職者を同グループに配置し、安全面や作業面で教育をしています。

→当社ホームページ:http://www.morisiki.co.jp

 認証第124号 社会福祉法人 至福の会

認証日

令和3年7月2日

所在地

狭山市南入曽1044-1

障害者雇用率

4.22%

労働障害者数

9人(身体・知的・精神)

障害者雇用のきっかけ、経緯など

 他の介護施設で障害者雇用の様子を見学させていただき、とても助かっているという話を伺ったのがきっかけです。

雇用継続への取組など

職場見学⇒トライアル雇用⇒通常雇用という流れで採用を行っております。これは、障害特性でどんな配慮が必要なのかを確認する、欠勤なく出勤ができるためにはどのような契約時間から始めるのがいいのかをその都度話し合いを行い定着に結びつけております。

  施設内はバリアフリーになっております。

  入間わかくさ特別支援学校の職場実習も受け入れております。

→当社ホームページ:https://www.e-musashinoen.com/

  認証第125号 有限会社 福祉ネットワークさくら

認証日

令和4年2月15日

所在地

さいたま市浦和区上木崎6-9-3

障害者雇用率

12.31%

労働障害者数

3人(身体・知的・精神)

障害者雇用のきっかけ、経緯など

  地域社会に働きたいと思っている障害者が存在するならば、障害の有無に関係なく、特性をいかせる部署で健常者と一緒に、席を並べて働いてもらうことが、共生社会に向けた一歩と考えています。

   始まりは、2013年に特別支援学校からの実習生を受け入れたことでした。18歳の障害のある方が懸命に学び、働き、成長していく様子を見て、雇用を開始しました。個人の可能性は無限大であること、命は同じ重さであること、平等な人間観を持つこと、誰とでもあてにしあてにされる関係でありたい・・・

   どの職場にも一緒に働く仲間として、席を並べて働く障害者が居る!こんな将来を夢みて積極的に採用に取り組んでいます。

雇用継続への取組など

   障害のあるスタッフの担当業務は、福祉事業所内での介護等です。

   ハローワークや地域の就労支援機関と連携し、採用前には体験を実施し、1つの部署のこの仕事と決めつけずに、つまずいたりしたら、別の仕事や別部署での仕事を体験してみながら、適所を見つけていくようにしています。

   採用直後は、指導員と障害のあるスタッフが共に毎日振り返りを行い、気づきを得られるようにし、配慮が足らなかった点が分かれば改善するよう話し合いを行っています。また、状況に応じてジョブコーチの支援も受けながら、安心して働ける環境を整えています。知的障害のあるスタッフがヘルパー2級を取得し、障害者支援事業所内で生活支援員として勤務しています。在職中に受障したスタッフは、復帰時に自宅に近い部署に配置換えして、短時間勤務から徐々に元の役職に戻し、現在は管理者として勤務しています。

   周りのスタッフも研修等を受講して、障害のあるスタッフを受け入れるための心得や配慮の仕方を学んでいます。

 

→事業所ホームページ:http://www.net-sakura.jp

お問い合わせ

産業労働部 雇用労働課 障害者・若年者支援担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎5階

ファックス:048-830-4851

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?