ページ番号:10058

掲載日:2017年9月1日

ここから本文です。

ハローワーク特区とは

「住民に身近な行政はできる限り地方に委ねる」地域主権改革のモデルケースとしてハローワークの実験的移管を行ったものです。地域主権改革の主要課題の一つである「出先機関原則廃止」のリーディングケースとしてハローワーク特区を平成24年10月から「ハローワーク浦和・就業支援サテライト」にて実施しました。

ハローワーク特区では、試行的に東西1か所ずつ(埼玉県と佐賀県)でハローワークが移管されているのと実質的に同じ状況をつくり、地方主導でサービスを改善することにより、地方移管のメリットを検証しました。

ハローワーク特区制度が終了した現在も「ハローワーク浦和・就業支援サテライト」では、県と埼玉労働局(ハローワーク)が一体となって就業支援サービスを提供しています。

参考

 

お問い合わせ

産業労働部 雇用労働課 総務・企画担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎5階

ファックス:048-830-4851

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?