トップページ > 文化・教育 > 観光 > 計画・施策 > 埼玉県宿泊事業者感染拡大防止策等支援事業補助金について

ページ番号:201024

掲載日:2021年7月13日

ここから本文です。

埼玉県宿泊事業者感染拡大防止策等支援事業補助金について

県では、外出自粛の影響を受ける宿泊事業者が感染拡大防止策の強化等に取り組む際の費用の一部を支援します。

補助金交付要綱については現在準備中であるため、準備が整い次第公開します。

あわせて申請方法等の詳細についても、今後県HP等で案内する予定です。

また、専用のコールセンターを設ける予定です。開設時期や電話番号等が決まりましたら改めてお知らせします。

 事業概要

1 対象者

 埼玉県内に所在する宿泊施設を有する宿泊事業者(旅館業法第3条第1項に規定する許可を受けた者)

※ただし、風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律第2条第6項に規定する店舗型性風俗特殊営業を営む者を除く。

2 支援対象経費

1感染拡大予防ガイドラインに対応するために実施する感染拡大防止対策に必要となる設備、機器、必需品等の導入経費、専門家による感染症防止策に係る検証等に要する経費

(例)

マスク、フェイスシールド

アクリル板、パーテーション、透明ビニールカーテン

サーマルカメラ(サーモグラフィ)

アルコール消毒液

手指消毒設備

体温計

使い捨て食器類

使い捨てスリッパ

ペーパータオル

ビニール手袋

サーキュレーター

CO2濃度測定器

2新たな需要に対応するための取組に要する経費(感染症拡大防止に資するものに限る)

(例)

モバイルチェックイン(セルフチェックインシステム)

宿泊カードの電子化

生体認証やモバイル端末によるキーレスシステム導入

キャッシュレス決済システム

空調設備(外気導入機)

客室案内ムービーの制作(対面での説明を行わないため)

客室改修(大広間を区切って個室化する等)

ワーケーションに必要な設備(WiFi増強、机や椅子(仕事用)の購入費等)

システム改修(ワーケーションへの対応や日帰り入浴への対応等)

 

3  補助額

各施設における事業費の2分の1

施設の総客室数に応じ、上限額を以下のとおり設定します。

総客室数 補助上限額
50室以上 500万円
30~49室 300万円
10~29室 100万円
9室以下 50万円

4 補助対象期間

令和2年5月14日から令和3年12月31日まで

※令和2年5月14日以降に発注(契約)し、令和3年12月31日までに支払いが完了するものが対象となります。

5 主な提出書類

見積書の写し(令和2年5月14日以降に発注(契約)し、制度開始日までに支払い済みの経費(遡及分)の場合は除く)

領収書の写し(物品の品名が記載されていない場合、別途、請求書等の品名が確認できる書類を添付すること)

物品の写真(実際に設置・使用されていることが分かるもの。消毒液やマスクなど、現物が消費されて現存していない場合に限り、省略可)

事業実施前及び実施後の状況が分かる書類(平面図、写真等)

6 申請受付

8月中旬開始予定

7 コールセンター

準備中

お問い合わせ

産業労働部 観光課 DMO支援・観光振興担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 第2庁舎1階

ファックス:048-830-4819

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?