トップページ > 県政情報・統計 > 各種手続・入札 > 入札(一般) > 物品・委託等 > 令和3年度おもてなし通訳案内士育成事業企画提案競技について

ページ番号:204383

掲載日:2021年9月10日

ここから本文です。

新規・更新箇所令和3年度おもてなし通訳案内士育成事業企画提案競技について

令和3年度おもてなし通訳案内士育成事業について、企画提案競技を実施します

全国通訳案内士等の多言語対応可能なガイドを対象とした研修を実施します。
多言語対応可能なガイドは本研修を通じて、おもてなしの心を持ち、県内主要観光地を外国人観光客に案内するために必要な知識を習得します。
さらに、自ら顧客を獲得し、埼玉県内を案内するためのガイド遂行能力を高めるスキルアップ研修を実施することで、インバウンド需要が回復した際に、多言語対応可能なガイドが案内したい場所として埼玉県を選ぶきっかけとします。

 概 要

1 業務名

令和3年度おもてなし通訳案内士育成事業業務委託

2 業務内容

令和3年度おもてなし通訳案内士育成事業業務委託企画提案競技における仕様書のとおり

3 履行期間

令和3年10月中旬~令和4年3月15日(火曜日)

4 金額

2,500,000円 (消費税及び地方消費税を含む)を上限とする。

※ 歳入歳出予算の当該金額に減額等があったとき等、緊急等やむを得ない理由等により、企画提案競技を実施することができないと認められる場合は、企画提案競技を停止、中止又は取り消すことがある。

※ 本業務の契約締結に係る上限額(消費税及び地方消費税相当額を含む)であり、予定価格はこの範囲内で別途算定する。なお、上記の上限額は消費税を10%とした場合の金額とする。

5 応募資格

次に掲げる要件を全て満たす者であること。

(1)日本で法人登記した法人であること。

(2)過去3年間に国、日本政府観光局(JNTO)、地方公共団体、観光協会、DMO、民間企業と本事業と種類及び規模をほぼ同じくする契約を誠実に履行した実績を有する者であること。

(3)次のアからオまでのすべてに該当すること。
  ア  地方自治法施行令第167条の4の規定に該当しない者であること。
  イ  埼玉県財務規則(昭和39年埼玉県規則第18号)第91条の規定により埼玉県の一般競争入札に参加させないこととされた者でないこと。
  ウ  会社更生法(平成14年法律第154号)に基づき更生手続開始の申立てがなされている者でないこと、又は民事再生法(平成11年法律第225号)に基づき再生手続開始の申立てがなされている者でないこと。ただし、手続開始決定後に埼玉県知事が別に定める競争入札参加資格の再審査を受けている者はこの限りではない。
  エ  本件企画提案競技の公告日から本契約の成立までの期間に、埼玉県の契約に係る入札参加停止等の措置要綱に基づく入札参加停止の措置を受けていない者であること。
  オ  本件企画提案競技の公告日から本契約の成立までの期間に、埼玉県の契約に係る暴力団排除措置要綱に基づく入札参加除外等の措置を受けていない者であること。
  カ  法人税、法人県民税、法人事業税、地方法人特別税、消費税及び地方消費税等納付すべき税金を滞納していない法人であること。

6  企画提案競技スケジュール

  • 質問事項の受付期限…………………………………  9月15日(水曜日)15時まで
  • 質問事項の回答………………………………………  9月17日(金曜日)
  • 企画提案参加希望書の提出期限……………………  9月22日(水曜日)15時まで
  • 企画提案書の提出期限………………………………  9月28日(火曜日)15時まで  
  • 選考結果発表…………………………………………10月  8日(金曜日)

7 実施要項等

 

お問い合わせ

産業労働部 観光課 インバウンド担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 第2庁舎1階

ファックス:048-830-4819

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?