トップページ > しごと・産業 > 産業 > 創業支援 > 渋沢栄一創業プロジェクト > 埼玉 Sports Start-up(SSS) > スタートアップ企業(伴走支援対象者)による成果発表会を2月3日(水曜日)にオンライン開催

ページ番号:187958

掲載日:2021年2月22日

ここから本文です。

スタートアップ企業(伴走支援対象者)による成果発表会を2月3日(水曜日)にオンライン開催

過去3年間を通じて、プロスポーツチーム等との連携・協業に向け支援したスタートアップ企業(伴走支援対象者)による成果発表会をオンライン開催しました。

本イベントは終了しました。

成果発表会の概要

日時

令和3年2月3日(水曜日)14時00分~17時00分

会場

オンライン配信(Zoom)

プログラム

埼玉 Sports Start-up概要・実施報告

伴走支援対象者によるプレゼンテーション[登壇順]

氏名(商号・屋号、肩書)
※敬称略

タイトル
※採択時

採択年度

大石 懐子
(codience 代表)

スポーツ×教育
~STEMスポーツの提案~

平成30年度

髙久 侑也
(株式会社Sportip 代表取締役)

一人に“ひとつ”のコーチを
-スポーティップ-

平成30年度

下郷 勝啓
(playground株式会社 事業推進)

ファンと地域を繋げる“コネクテッドスタジアム”の実現

平成30年度

篠田 大輔
(株式会社シンク 代表取締役)

スポーツで災害に強くなる「防災スポーツ®」事業
~東京2020を契機とした新しいスポーツ文化を創出~

令和元年度

山口 諒真
(株式会社オクリー 代表取締役)

あこがれの選手からのビデオメッセージを届けるサービスを活用し、コアファンのエンゲージメントを高め、スタジアムへの動員数増加につなげる

令和2年度

北本 優葉
(株式会社ギフティ)

地域とスポーツチームを結ぶ電子ギフト・電子スタンプを用いた新たな地域通貨により、新規顧客を送客

令和2年度

山口 笙
(株式会社バカン)

AI・IoTを活用し、スタジアム内の全ての施設の混雑状況を可視化することで、コロナ禍でも安全で快適な試合観戦を実現

令和2年度

新井 晶也
(ゲームテクター株式会社(旧:RIM株式会社) 代表取締役)

オンライン上でのゲーム大会を通じた新規ファンの獲得と、ファンミーティング開催を通じたファン満足度のさらなる向上

令和2年度

今井 房子
(株式会社コミュニティネット 代表取締役)

園庭に笑顔の花を咲かせよう!
~Koshigaya園庭活用プロジェクト~

令和2年度

井本 洋平
(株式会社フーモア 漫画事業部 部長)

スポーツ×エンタメで新規ファンと価値の創出

令和2年度

清古 貴史
(リアルワールドゲームス株式会社 代表取締役社長)

PoCアルファーズウォーク

令和2年度

講評

参加対象者

スポーツチーム、スポーツ関連企業、創業・ベンチャー支援機関、金融機関、ベンチャーキャピタル、マスコミ、スポーツビジネスに興味のある方等

参加費

無料

定員

100人(先着順)

参加申込方法(受付は終了しました

開催日前日までに以下のサイトから申し込んでください。
https://eventregist.com/e/saitama-sports-start-up200203

お問い合わせ

産業労働部 産業支援課 創業支援担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎4階

ファックス:048-830-4813

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?