トップページ > しごと・産業 > 産業 > 科学技術・産学連携 > 「令和5年度文部科学大臣表彰科学技術賞、若手科学者賞及び研究支援賞」候補者の募集

ページ番号:178578

掲載日:2022年6月13日

ここから本文です。

「令和5年度文部科学大臣表彰科学技術賞、若手科学者賞及び研究支援賞」候補者の募集

「文部科学大臣表彰科学技術賞」とは、我が国の社会・経済・国民生活の発展向上等における最近の科学技術上の成果を顕彰するとともに、その成果に対する功績が顕著な者あるいはグループを表彰する制度です。

「文部科学大臣表彰若手科学者賞」とは、次代を担う若手研究者の自立を促し、独創性の高い科学技術の発信に貢献するため、萌芽的な研究あるいは、独創的視点に立った研究等、高い研究開発能力を示した若手研究者個人を表彰する制度です。

「文部科学大臣表彰研究支援賞」とは、科学技術の発展や研究開発の成果創出に向けて、高度で専門的な技術的貢献を通じて研究開発の推進に寄与する活動を行い、顕著な功績があったと認められる個人又はグループを表彰する制度です。

 ※文部科学省では、科学技術に関する研究機関、理解増進等において顕著な成果を収めた者について、その功績を讃えることにより、科学技術に携わる者の意欲の向上を図り、もって我が国の科学技術水準の向上に寄与することを目的とする科学技術分野の文部科学大臣表彰制度を設けています。受賞候補者の推薦は、推薦機関が行うことになっており、埼玉県が推薦機関の1つとなっています。

対象

  1.科学技術賞

  • 開発部門
    我が国の社会経済、国民生活の発展向上等に寄与する画期的な研究開発若しくは発明であって、現に利活用されているもの(今後利活用されることが期待できるものを含む)を行なった個人若しくはグループ又はこれらの者を育成した個人
  • 研究部門
    我が国の科学技術の発展等に寄与する可能性の高い独創的な研究又は開発を行なった個人又はグループ
  • 科学技術振興部門
    大学等の研究開発成果を活用したベンチャー創出、地域における産学官連携、研究開発の社会的必要性に関する研究等の分野において、科学技術の振興に寄与する活動を行い、顕著な功績があったと認められる個人又はグループ
  • 技術部門
    中小企業、地場産業等において、地域経済の発展に寄与する優れた技術を開発した個人若しくはグループ又はこれらの者を育成した個人
  • 理解増進部門
    青少年をはじめ広く国民の科学技術に関する関心及び理解の増進等に寄与し、又は地域において科学技術に関する知識の普及啓発等に寄与する活動を行なった個人又はグループ

  2.若手科学者賞

萌芽的な研究、独創的視点に立った研究等、高度な研究開発能力を示す顕著な研究業績をあげた40歳未満の若手研究者個人

  3.研究支援賞

科学技術の発展や研究開発の成果創出に向けて、高度で専門的な技術的貢献を通じて研究開発の推進に寄与する活動を行い、顕著な功績があったと認められる個人又はグループ

募集期限

  令和4年7月8日(金曜日)

応募方法

 以下の提出書類を下記提出先まで郵送願います。

※要領・様式は文部科学省ホームページからも入手できます。

提出先

埼玉県産業労働部産業支援課(〒330-9301 さいたま市浦和区高砂3-15-1)