ページ番号:210761

掲載日:2022年4月21日

ここから本文です。

商店街活性化手法を学ぶワークショップ

概要

商店街で活動している人、商店街に関わっている人、これから商店街に関わりたい人向けにワークショップを開催いたします。

参加者を募集いたしますので、商店街について一緒に考えてみませんか?

内容

以下の2地域・テーマでワークショップを実施いたします。

※各テーマの詳細については、以下のタイトルをクリックしてください。

チラシ表チラシ裏

チラシ(PDF:1,218KB)

対象

商業者(商店街会員等)、商店街に関わってみたい方、市町村職員、商工団体職員 等

申込方法

申込書(エクセル:15KB)

※各地域初回実施日の前日12時までにお申し込みください。

ファックスの場合

申込書に必要事項を記入の上、お送りください。

ファックス番号 048-830-4812

※紙の申込書が必要な方は、048-830-3761 までお問合せください。

メールの場合

申込書に必要事項を記入の上、以下アドレスまでお送りください。

メールアドレス a3750-11@pref.saitama.lg.jp

ウェブの場合

以下グーグルフォームにアクセスいただき、各事項を記載いただきお申込みください。

申込フォーム

参加費

無料です。

注意事項

  • 新型コロナウイルス感染症拡大の状況により、オンライン開催のみになるなど開催方法に変更が生じる場合がございますので、あらかじめご了承ください。その際は、お申込みいただいた連絡先にご連絡いたします。
  • ご記入いただきました個人情報につきましては、より良い事業運営のため、事務局で共有させていただきます。また、本事業の実施・運営、主催者が今後開催する事業等の案内のみに利用させていただきます。
  • お申込み後のキャンセルは、以下の連絡先まで必ずご連絡ください。

      「埼玉県商業・サービス産業支援課 電話番号048-830-3761 e-mail a3750-11@pref.saiama.lg.jp

  • 申込数が会場の定員を超えた場合、抽選となる場合がございます。

北部地域【商店街×シビックエコノミー】

「持続可能な商店街づくりとは~地域資源を活かした経済循環へ向けて~」

持続可能な商店街づくりに向け、地域にお金を循環させる地域資源(空き店舗等)の活用方法について学びます。

内容

1日目

  • 日時 2月3日(木曜日)14時00分~17時00分
  • 場所 オンライン開催
  • 内容 講義「持続可能な商店街づくりの考え方」+ワーク

2日目

  • 日時 2月17日(木曜日)14時00分~17時00分
  • 場所 オンライン開催
  • 内容 講義「商店街にある空き家、空き店舗、遊休地の見方を変える」+ワーク

3日目

  • 日時 3月2日(水曜日)14時00分~17時00分
  • 場所 オンライン開催
  • 内容 講義「地域資源を活かした持続可能な商店街づくり」+ワーク

4日目

  • 日時 3月17日(水曜日)14時00分~17時00分
  • 場所 熊谷市内会場を予定
  • 内容 企画の発表及び意見交換

講師

コーディネーター

コトラボ合同会社 代表 岡部友彦氏

岡部さんドヤ街と言われる横浜市寿町で、日雇い労働者向けの簡易宿泊所を世界中から旅人がやって来る宿に変貌させたYOKOHAMA HOSTEL VILLAGEなど、様々なプロジェクトを手掛ける。また、愛媛県松山市でも空き家バンクや地域拠点づくりなどを行い、地域資源を活用した街のイ メージチェンジを得意とする。

 

 

メンター

一般社団法人〇と編集社 代表理事 赤羽孝太氏

赤羽さん2014年に都内設計事務所を経て独立。
2016年から2019年3月まで辰野町集落支援員となり、拠点を辰野町へ移して首都圏と辰野町の二地域暮らしをしながら、空き家・空き店舗を活用した地域づくり・まちづくり・エリアリノベーション活動を行う。
2018年に(一社)○と編集社を設立し、企画とデザインと建築という手法を使って○(地域)の今を再編集をし、○の未来にワクワクする人を増やすため、イベント企画・運営、デザイン、コンセプトワーク、ブランディング、HP、建築設計、不動産、古物商、自転車、シャアオフィス、シェアハウス、企画ダイニング(飲食店)、コンサルティングなどの事業を行う。

 

YONG architecture studio 主宰 永田賢一郎氏

永田さんストリップ劇場跡を改修したシェアスタジオ「旧劇場」を始め、商店街の空き店舗を活用した自身の設計事務所兼シェアキッチン「藤棚デパートメント」、空き倉庫を活用したシェアアトリエ「野毛山kiez」など、地域のストックを活用した拠点づくりを展開。2018年より藤棚一番街理事、2020年より長野県北佐久郡立科町地域おこし協力隊兼任。現在横浜と長野で二拠点活動中。

南部地域【商店街×魅力発見】

「選ばれる商店街ってどんなところ?~まちの魅力の見つけ方、広げ方、伝え方~」

商店街ならではのまちの魅力を発見し、仲間と共有・協力し、発信していく手法を学びます。

内容

1日目

  • 日時 2月9日(水曜日)14時00分~17時00分
  • 場所 オンライン開催
  • 内容 講義「まちの魅力となる個店に行ってみよう」+ワーク

2日目

  • 日時 2月18日(金曜日)14時00分~17時00分
  • 場所 オンライン開催
  • 内容 講義「商店街の魅力と経済地域を考えてみる」+ワーク

3日目

  • 日時 3月1日(火曜日)14時00分~17時00分
  • 場所 オンライン開催
  • 内容 講義「仲間の集め方と発信の仕方を考えてみる」+ワーク

4日目

  • 日時 3月8日(火曜日)14時00分~17時00分
  • 場所 志木駅周辺店舗予定
  • 内容 発表とレビュー

講師

コーディネーター

O+Architecture合同会社 代表 鈴木美央氏

美央さん

早稲田大学理工学部建築学科卒業後、渡英、設計事務所Foreign Office Architects ltd.にてコンセプトステージからしゅん工まで世界各国で大規模プロジェクトを担当。帰国後、慶應義塾大学理工学研究科勤務を経て、同大学博士後期課程、博士(工学)取得。現在は建築設計、行政のアドバイザー、マーケットの企画・運営、公共空間の研究を行う。

メンター

全国まちなか広場研究会 理事 山下裕子氏(2日目、4日目参加)

山下さん広場ニスト/ひと・ネットワーククリエイター
2007年よりグランドプラザ運営事務所勤務。2009年(財)地域活性化センター第21期全国地域リーダー養成塾修了。2011年よりNPO法人GPネットワーク理事。2013年より全国まちなか広場研究会理事。2016年よりまちなか広場研究所として活動開始。八戸・酒田・豊田・神戸・明石・姫路・久留米・長崎をはじめとする地域のまちなか広場づくりに地元の伴走者的立ち位置で活動中。著書に『にぎわいの場 富山グランドプラザ-稼働率100%の公共空間のつくり方』(学芸出版社)、『生きた景観マネジメント』(共著・鹿島出版会)、『コンパクトシティのアーバニズム』(共著・東京大学出版会)

 

北本市観光協会 江澤勇介氏(2日目、3日目、4日目参加)

江澤さん合同会社 暮らしの編集室 所属
1986年生まれ。埼玉県北本市を拠点としたまちづくり会社、暮らしの編集室の人。マーケットの企画・運営、場の運営、文筆、編集、まちづくりなど、何でもやる人。本業は写真を撮る人。現在は北本市とシティプロモーション企画「マーケットの学校」の企画・運営を行う他、同じく北本市でシェアキッチン&シェアスペース「ケルン」北本団地「中庭」の二つのスペースを運営中。

 

YADOKARI株式会社 エリアイノベーションユニットプロデューサー 伊藤幹太氏(3日目、4日目参加)

幹太さん1995年生まれ。中央大学総合政策学部卒。横浜市在住。 2019年よりYADOKARI株式会社 に入社。 自社施設「Tinys Yokohama Hinodecho」の運営を経て、プロデューサーとして、行政や自治体、ディベロッパーとともに様々な企画プロデュース・まちづくり支援などを行う。担当に、RIDE ON シバヒロ(町田シバヒロ)、芹ヶ谷公園 芸術の杜プロジェクト、未来団地会議 鶴川団地プロジェクト、FOOD ART STATION(日ノ出町〜黄金町高架下)、Vivid Workers Place(グランモール公園)等。 また、2019年に、横浜市旭区を拠点とした、食と農を起点とした団体「えんちゃん農場パートナーズ」を立ち上げ、リーダーを務める。

お問い合わせ

産業労働部 商業・サービス産業支援課 商業担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎5階

ファックス:048-830-4812

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?