トップページ > しごと・産業 > 産業 > 「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2021」

ページ番号:205447

掲載日:2021年10月4日

ここから本文です。

「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2021」

埼玉県では、次代を担う才能の発掘・育成と、新たな映像産業の発展への寄与を目的に、2004年から、世界に先駆けデジタルシネマにフォーカスした「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭」を開催しています。

映画祭2021の開催結果について

9月25日(土曜日)から10月3日(日曜日)までの9日間、「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2021」をオンライン配信にて開催しました。
期間中は、世界各国から応募された1,084作品の中から厳選した24作品を配信・審査し、受賞作を決定いたしました。
10月3日(日曜日)には授賞式をオンライン配信し、受賞作品の発表と紹介などを行いました。

受賞作品

コンペティション部門の受賞作品は以下のとおりです。(敬称略)

  • 国際コンペティション・最優秀作品賞
    『ルッツ』(マルタ)
    監督:アレックス・カミレーリ
  • 国際コンペティション・監督賞
    『ライバル』(ドイツ、ウクライナ)
    監督:マークス・レンツ
  • 国際コンペティション・審査員特別賞
    『シネマ・オブ・スリープ』(カナダ)
    監督:ジェフリー・セント・ジュールズ
    『ミトラ』(オランダ、ドイツ、デンマーク)
    監督:カーウェ・モディーリ
  • 国際コンペティション・観客賞
    『国境を越えてキスをして!』(ドイツ)
    監督:シレル・ぺレグ
  • 国内コンペティション(長編部門)・優秀作品賞・観客賞
    『夜を越える旅』
    監督:萱野 孝幸
  • 国内コンペティション(短編部門)・優秀作品賞・観客賞
    『リトルサーカス』
    監督:逢坂 芳郎
  • SKIPシティアワード
    『カウンセラー』
    監督:酒井 善三

映画祭公式ホームページ
https://www.skipcity-dcf.jp/

 関連する情報

 

お問い合わせ

産業労働部 商業・サービス産業支援課 映像コンテンツ担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎5階

ファックス:048-830-4812

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?