トップページ > しごと・産業 > 産業 > 中小企業支援 > 埼玉県感染防止対策協力金(第1期から第6期)の概要について

ページ番号:187454

掲載日:2021年3月8日

ここから本文です。

埼玉県感染防止対策協力金について新規・更新箇所 

重要なお知らせ(第1~6期 共通)新規・更新箇所

3月8日 埼玉県感染防止対策協力金(第5期)申請の受付を開始しました。

3月5日  埼玉県感染防止対策協力金(第6期)ホームページを公開しました。

3月1日 「外国人向け新型コロナウイルス相談ホットライン」のご案内

 

重要なお知らせ(第6期)詳細はこちら/images/187454/new.gif

3月5日  埼玉県感染防止対策協力金(第6期)ホームページを公開しました。

支給額

最大84万円/店舗 

主な支給要件

  1. 3月8日から3月21日までの全ての期間で営業時間を短縮(休業を含む。)したこと。
  2. 食品衛生法に基づく飲食店営業許可を受けていること。 ほか
  • 対象地域         県内全域
  • 対象店舗         全ての飲食店(カラオケ店、バー等を含む。)
  • 営業時間         午前5時から午後8時まで
  • 酒類提供時間  午前11時から午後7時まで

 ※ 準備等のため協力開始が3月8日に間に合わない場合でも、協力開始日から3月21日までの全ての期間、

 協力いただければ日割りで支給します。

 

重要なお知らせ(第5期)詳細はこちら

3月8日 埼玉県感染防止対策協力金(第5期)申請の受付を開始しました。新規・更新箇所

3月1日  「申請のご案内」及び「申請書」を掲載しました。

支給額

  最大168万円/店舗 

主な支給要件

  1. 2月8日から3月7日までの全ての期間で営業時間を短縮(休業を含む。)したこと。
  2. 食品衛生法に基づく飲食店営業許可を受けていること。 ほか
  • 対象地域         県内全域
  • 対象店舗         全ての飲食店(カラオケ店、バー等を含む。)
  • 営業時間         午前5時から午後8時まで
  • 酒類提供時間  午前11時から午後7時まで

 ※ 準備等のため協力開始が2月8日に間に合わない場合でも、協力開始日から3月7日までの全ての期間、

 協力いただければ日割りで支給します。

 

重要なお知らせ(第4期)詳細はこちら新規・更新箇所

2月8日 申請の受付を開始しました。

2月1日 「申請のご案内」及び「申請書」を掲載しました。

  • 1月7日 埼玉県感染防止対策協力金(第4期)について-1月12日から県内全域に拡大

             営業時間短縮要請の期間延長等(1月12日から2月7日まで)に伴い、当該要請に協力した飲食店(カラオケ店、バーを含
          む)を運営する事業者に感染防止対策協力金を支給します。

           埼玉県感染防止対策協力金(第4期)チラシ(PDF:563KB)

支給額

 162万円/店舗

 

主な支給要件

  1. 1月12日から2月7日までの全ての期間で営業時間を短縮(休業を含む。)したこと。
  2. 食品衛生法に基づく飲食店営業許可を受けていること。 ほか
  • 対象地域         県内全域
  • 対象店舗         全ての飲食店(カラオケ店、バー等を含む。)
  • 営業時間         午前5時から午後8時まで
  • 酒類提供時間  午前11時から午後7時まで

 ※ 準備等のため協力開始が1月12日に間に合わない場合でも、協力開始日から2月7日までの全ての期間、

  協力いただければ日割りで支給します。

 

重要なお知らせ(第3期)詳細はこちら

2月27日 埼玉県感染防止対策協力金【第3期】(12月28日~1月11日)の申請受付は終了しました。

  • 2月18日 埼玉県感染防止対策協力金【第3期】(12月28日~1月11日)申請締切のお知らせ

   第3期の申請期間は2月26日(金曜日)までです。電子申請は2月26日(金曜日)23時59分までに送信を完了してください。郵送の場合は、2月26日(金曜日)の消印有効です。申請はお早めにお願いします。

  • 1月15日 1月8日~1月11日の更なる時短営業にご協力いただいた場合の電子申請での入力について(ご案内)

   1月8日~1月11日までに更なる時短営業(夜20時から翌朝5時までの間の営業を行わない。酒類を提供する飲食店は酒類の提供を午前11時から午後7時まで)に協力いただいた場合は8万円上乗せ支給しております(1店舗あたり68万円)。

   電子申請システムの入力画面では、以下の囲みのとおり掲載されております。これは、更なる時短営業の有無について確認する項目です。プルダウンメニューの「はい」を選ぶと1店舗あたり68万円、「いいえ」を選ぶと1店舗あたり60万円となります。

20時までに営業時間短縮しましたか

※1月8日(金曜日)から1月11日(月曜日)までは、午前5時から午後8時までの間に営業時間を短縮(休業)、酒類を提供する飲食店は酒類の提供を午前11時から午後7時までとした場合は「はい」、該当しない場合は「いいえ」を選択してください。

 

  • 1月12日 申請の受付を開始しました。
  • 1月7日 詳細ページを公開しました。

                     協力金(第1期)又は(第2期)を電子申請された方は一部の書類の提出を省略できる可能性があります。詳細はこちら

      埼玉県感染防止対策協力金(第3期)については、1月8日から1月11日の4日間、要請地域(さいたま市大宮区、川口市及び越谷市)内の店舗(複数店舗を有する場合は全ての対象店舗)が下記の要件を満たした場合には、上乗せ支給(8万円)を行います。 

  1. 夜20時から翌朝5時までの間の営業を行わない。
  2. 酒類を提供する飲食店は、酒類の提供を朝11時から夜19時までとする。

 

重要なお知らせ(第2期) 詳細はこちら

2月13日 埼玉県感染防止対策協力金【第2期】(12月18日~12月27日) の申請受付は終了しました。

  • 2月4日  埼玉県感染防止対策協力金【第2期】(12月18日~12月27日)申請締切のお知らせ

    第2期の申請期間は2月12日(金曜日)までです。電子申請は2月12日(金曜日)23時59分までに送信を完了してください。郵送の場合は、2月12日(金曜日)の消印有効です。申請はお早めにお願いします。

  • 12月28日 申請の受付を開始しました。
  • 12月23日 詳細ページを公開しました。協力金(第1期)を電子申請された方は一部の書類の提出を省略できる可能性があります。詳細はこちら
  • 12月16日 埼玉県感染防止対策協力金(第2期)チラシ(PDF:958KB)を掲載しました。
  • 12月15日 営業時間短縮要請期間延長(12月18日から27日まで)に伴い、当該延長期間の全ての期間で協力した事業者に感染防止対策協力金を1店舗あたり40万円支給します。

 

重要なお知らせ(第1期) 詳細はこちら

2月2日 埼玉県感染防止対策協力金【第1期】(12月4日~12月17日) の申請受付は終了しました。

  • 1月26日 埼玉県感染防止対策協力金【第1期】(12月4日~12月17日)申請締切のお知らせ

     第1期の申請期間は2月1日(月曜日)までです。電子申請は2月1日(月曜日)23時59分までに送信を完了してください。郵送の場合は、2月1日(月曜日)の消印有効です。申請はお早めにお願いします。

  • 12月18日 申請の受付を開始しました。
  • 12月15日 支給額が28万円から32万円に変更となります。   

  ※ご不明な点がございましたら、埼玉県中小企業等支援相談窓口0570-000-678)までお問合せください。

1 協力金の概要

第1期、第2期、第3期

 埼玉県による営業時間短縮の要請に全面的にご協力いただいた「酒類の提供を行う飲食店」「カラオケ店」を運営する事業者※1の皆さまに対し、感染防止対策協力金を支給します。また、要請にご協力いただきましたことに対し、店舗名及び所在地を、県ホームページなどで広く周知させていただきます。

※1 要請地域内に対象店舗があれば、県外に本社がある事業者や、NPO法人等も含みますが、規模等について一定の要件があります。

第4期、第5期、第6期

 埼玉県による営業時間短縮の要請に全面的にご協力いただいた飲食店を運営する事業者※2の皆さまに対し、感染防止対策協力金を支給します。また、要請にご協力いただきましたことに対し、店舗名及び所在地を、県ホームページなどで広く周知させていただきます。

※2 埼玉県内に対象店舗があれば、県外に本社がある事業者や、NPO法人等も含みます。

2 要請地域 

第1期、第2期、第3期

 さいたま市大宮区、川口市及び越谷市内

第4期、第5期、第6期

 埼玉県内全域

3 期間及び給付額

 期間は5つに分かれており、給付金額も異なります。

 申請に当たっては、「4 申請に関するご案内」に記載した各期間のホームページをご確認ください。第1期から第5期のそれぞれの期間について申請する場合、別々に申請いただく必要があります。

 

時短要請期間

1店舗当たり
給付金額

申請期間

第1期

令和2年12月4日(金曜日)午前0時から

                           令和2年12月17日(木曜日)午後12時※1

32万円

申請受付は終了しました。

第2期

令和2年12月18日(金曜日)午前0時から

                           令和2年12月27日(日曜日)午後12時※1

40万円

申請受付は終了しました。

第3期

令和2年12月28日(月曜日)午前0時から

                           令和3年1月11日(月・祝)午後12時※1※2

60万円

申請受付は終了しました。
第4期

令和3年1月12日(火曜日)午前0時から
                           令和3年2月7日(日曜日)午後12時※3

162万円

令和3年2月8日(月曜日)から令和3年3月26日(金曜日)
第5期

令和3年2月8日(月曜日)午前0時から
                           令和3年3月7日(日曜日)午後12時※3

168万円

令和3年3月8日(月曜日)から令和3年4月23日(金曜日)
第6期 令和3年3月8日(月曜日)午前0時から
                           令和3年3月21日(日曜日)午後12時※3
84万円 決定後速やかにお知らせします。

※1  期間中の全ての営業日において、午前5時から午後10時までに営業時間を短縮していただく必要があります。

※2  第3期中の1月8日(金曜日)から1月11日(月・祝)までの4日間の全日を午前5時から午後8時までに営業時間を短縮(酒類の提供は午前11時から午後7時まで)した場合は、協力金の上乗せ支給(8万円)を行います。

※3  原則として、期間中の全ての営業日において、午前5時から午後8時までに営業時間を短縮していただく必要があります。なお、準備等のため協力開始が遅れたなど要請開始日に間に合わない場合も、弾力的に対応します。また、酒類を提供する飲食店は、酒類の提供を午前11時から午後7時までとしていただく必要があります。

4 申請に関するご案内

 詳細は、以下のホームページでご確認いただけます。

感染防止対策協力金(第1期(12月4日~17日))のページ 
感染防止対策協力金(第2期(12月18日~27日))のページ

  協力金(第1期)を電子申請された方は一部の書類の提出を省略できる可能性があります。詳細はこちら

感染防止対策協力金(第3期(12月28日~1月11日))のページ

  協力金(第1期)又は(第2期)を電子申請された方は一部の書類の提出を省略できる可能性があります。詳細はこちら

感染防止対策協力金(第4期(1月12日~2月7日))のページ

  詳細は順次上記ページでお知らせします。

感染防止対策協力金(第5期(2月8日~3月7日))のページ

 詳細は順次上記ページでお知らせします。

感染防止対策協力金(第6期(3月8日~3月21日))のページ

 詳細は順次上記ページでお知らせします。

5 時短営業にご協力いただいた事業者

ご協力いただいた事業者の一覧ページ(別ウィンドウで開きます)

6 申請・相談窓口

  お問い合わせは以下の窓口にお願いします。

  埼玉県中小企業等支援相談窓口(埼玉県感染防止対策協力金 事務局)

   電話 0570-000-678(平日 午前9時~午後9時、土日祝日 午前9時~午後6時)

「外国人向け新型コロナウイルス相談ホットライン」 

日本語での相談に自信がない外国人の方は、「外国人向け新型コロナウイルス相談ホットライン(048-711-3025)」にお電話ください。

「埼玉県中小企業等支援相談窓口」に電話をつなぎ、三者間で同時通訳(20言語に対応)を行います。

(にほんご での そうだん に じしんがない がいこくじんのかたは、「がいこくじんむけ しんがたコロナウイルス そうだん ホットライン 048-711-3025」に、おでんわ ください。

「さいたまけん ちゅうしょうきぎょうとう しえん そうだん まどぐち」 にでんわを つなぎ、つうやく します。)

 

外国人向け新型コロナウイルス相談ホットライン

電話番号:048-711-3025 (24時間(土日祝日含む))

https://sia1.jp/foreign/coronahotline/

 

1hotline

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

外国人向け新型コロナウイルス相談ホットライン(チラシ)(PDF:1,593KB)

 

 

 

/images/187454/hanzai.png

  • 申請要件に該当しない事実や不正等が発覚した場合は、支給決定を取り消します
  • この場合、受け取った協力金は返還していただきます。
  • 加えて、協力金と同額の違約金の支払いを求めることがあります。
  • 本協力金の支給に必要な場合は、対象店舗の営業時間短縮の取組に係る実施状況に関する検査又は報告を求めることがあります
  • 軽い気持ちで行ったとしても重大な犯罪です(例:詐欺罪 10年以下の懲役)。
  • 以下のような虚偽申請は絶対に行わないでください。

? 午後8時以降も客を滞在させて営業をしているにもかかわらず、時短要請に応じたように見せかける。

? 既に廃業しているにもかかわらず営業実態があるように見せかける。

? 飲食店等を運営する事業者でないにもかかわらず、対象事業者を装い申請する。

/images/187454/kenkei-saitamaken.png

 

お問い合わせ

埼玉県中小企業等支援相談窓口 (感染防止対策協力金)  

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?