トップページ > しごと・産業 > 産業 > 中小企業支援 > 埼玉県感染防止対策協力金(第9期・まん延防止等重点措置区域外)について

ページ番号:197008

掲載日:2021年4月27日

ここから本文です。

 埼玉県感染防止対策協力金について(第9期・まん延防止等重点措置区域外)について新規・更新箇所 

チャット入口

重要なお知らせ(第9期)新規・更新箇所

4月19日 ホームページを公開しました。  

今回から協力金の算定方法が従来の定額から売上高に応じた方式に変更になります。

※ご不明な点がございましたら、埼玉県中小企業等支援相談窓口0570-000-678)までお問合せください。

 

通常時は午後9時以降に営業していた店舗が対象となります。 

通常時の営業時間が午後9時前の店舗で従前(第4期~第6期)の申請ができた方も、第7期・第8期・第9期の申請はできませんのでご注意ください。

※ 通常時の営業時間が実際には午後9時前だったにもかかわらず、9時以降と詐称し、虚偽の申請を行うことは犯罪です。審査において従前の申請データとの照合の結果、申請内容に虚偽があることが判明した場合は、当該申請を不交付にするとともに、従前の申請に遡って厳格に調査を行います。万一、虚偽の申請を行っていたことが判明した場合は、これまでの支給を取り消し、返還を求めるとともに、協力金と同額の違約金の支払いを求めることがありますのでご注意ください。

 

支援金バナー(5月20日受付開始)

    sonohokachiiki1 sonohokachiiki2   

   埼玉県感染防止対策協力金チラシ(PDF:671KB)

 協力金の概要

 原則として、令和3年4月20日午前0時から5月19日午後12時までの全ての期間※1、埼玉県による営業時間短縮の要請及び酒類提供の自粛(1人のみ、同居家族のみのグループを除く)に全面的にご協力いただいた飲食店 (カラオケ店、バー等を含む。)を運営する事業者※2の皆さまに対し、感染防止対策協力金を支給します。また、要請にご協力いただきましたことに対し、店舗名及び所在地を、県ホームページなどで広く周知させていただきます。 

※1 準備等のため協力開始が4月20日に間に合わない場合でも、協力開始日から5月19日までの全ての期間、協力いただいた日数に応じて支給します。

※2 要請区域内に対象店舗があれば、県外に本社がある事業者や、NPO法人等も含みます。また、大企業も含みます。

 支給額

 kyouryokukinnichigakukyouryokukinmanenboushigai

前年度又は前々年度の売上高に応じて変動(PDF:193KB)

※前年度又は前々年度どちらも選択が可能。

5月19日より前に営業時間短縮の要請が解除された場合、要請期間最終日までの協力日数に応じて支給します。

 主な支給要件

  (1)  原則として、令和3年4月20日から令和3年5月19日までの全ての期間において、要請に応じ、夜21時から翌朝5時までの間の営業を行わない(休業含む)こと。

   ※酒類を提供する飲食店は、令和3年4月28日から令和3年5月11日までの間、酒類の提供を自粛(1人のみ、同居家族のみのグループを除く)していること。

         ※酒類を提供する飲食店は、令和3年4月20日~令和3年4月27日及び令和3年5月12日  ~令和3年5月19日までの全ての期間において

   酒類の提供を朝11時から夜20時までとしていること。

         ※通常時は夜21時以降まで営業をしていたこと。

  (2) 「彩の国『新しい生活様式』安心宣言」を遵守し、店頭に掲示していること。

  (3) 「埼玉県LINEコロナお知らせシステム」のQRコードを店頭に掲示していること。

   ※発行フォームの入力・QRコードのダウンロード方法のマニュアルについては、こちらをご覧ください。

   ご不明な点がございましたら、埼玉県中小企業等支援金相談窓口(0570-000-678)までお問い合わせください。

  (4)  食品衛生法に基づく飲食店営業許可または喫茶店営業許可、その他必要な許認可を受けていること。

  (5)  暴力団、暴力団員等の反社会的勢力に属する者及び代表者又は役員が暴力団員等となっている法人でないこと。また、暴力団員等が経営に事実上参画していないこと。

申請手続等

 申請受付期間 

  要請期間が終了した5月20日以降、速やかに受付を開始する予定です。

 申請方法

 電子申請を原則とします。(申請ページは別途お知らせします)

※ 郵送での申請も受け付けますが、迅速な支給を行うため、電子での申請にご協力ください。

申請に必要な書類

現時点では以下の書類を検討しています。正式な書類は後日公開する申請要領等をご確認ください。

  • 本人確認書類のコピー又は写真(*個人事業主のみ)
  • 「支払口座振替依頼」に記載した振込先口座情報が分かる通帳等のコピー又は写真
  • 店舗の外観全体(社名や店舗名)が分かる写真
  • 飲食店営業又は喫茶店営業の許可その他必要な許認可を取得していることが分かる書類のコピー又は写真
  • 営業時間短縮の状況及び酒類の提供時間が分かる書類のコピー又は写真
  • 「彩の国『新しい生活様式』安心宣言」及び「埼玉県LINEコロナお知らせシステム」のQRコードを店頭に掲示している写真
  • 法人税又は所得税の確定申告書の控えの写し、売上帳等の帳簿の写し(まん延防止等重点措置区域内は1日当たりの売上高10万円以上、その他の地域は1日当たりの売上高8.3万円以上の場合、必要となります。)

 新型コロナウイルス感染症対策への御協力のお願い

 一刻も早い社会経済活動の回復のためにも、営業時間の短縮と業種別ガイドラインを使用・遵守した感染症対策の徹底をお願いします。 

 (参考)埼玉県における緊急事態措置等について

 ○ 参考資料

  • 「時短営業の案内」のひな形(まん延防止等重点措置期間・酒類提供の自粛)

ダウンロードはこちら⇒【ワード版:(ワード:60KB)Open this document with ReadSpeaker docReader】   【PDF版:(PDF:126KB)Open this document with ReadSpeaker docReader

※時短営業する日付に応じて適宜、日付を入力してご利用ください。

記入例(酒類の提供を自粛している場合)

時短営業のひな形(酒自粛)

ワード版:(ワード:63KB)】   【PDF版:(PDF:129KB)Open this document with ReadSpeaker docReader

・適宜、日付を入力してご利用ください。 

・令和3年4月28日から令和3年5月11日までは酒類の提供の自粛を要請しています。

・酒類の提供の自粛は協力金の支給要件です。

記入例(要請期間中全て休業している場合)

  • 「休業の案内」のひな形

ダウンロードはこちら⇒【ワード版:(ワード:55KB)Open this document with ReadSpeaker docReader】 【PDF版:(PDF:116KB)Open this document with ReadSpeaker docReader

※休業する日付に応じて適宜、日付を入力してご利用ください。

記入例(要請期間中全て休業している場合)

kyugyo9-1-rei

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ワード版:(ワード:56KB)Open this document with ReadSpeaker docReader】 【PDF版:(PDF:119KB)Open this document with ReadSpeaker docReader

 よくあるお問合せ(Q&A) 

申請について

期間について

申請主体について

対象施設について

営業時間短縮の態様について

支給金額(要請に応じた日数)の考え方について

その他支給要件について

支給について

その他

お問合せ先

  埼玉県中小企業等支援相談窓口

  受付時間:平日 午前9時~午後9時、土日祝日 午前9時~午後6時

  電話番号:0570-000-678(ナビダイヤル)  

チャット入口

お問い合わせ

埼玉県中小企業等支援相談窓口 (感染防止対策協力金) (第8期)

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?