トップページ > しごと・産業 > 産業 > 中小企業支援 > 埼玉県感染防止対策協力金 > 埼玉県感染防止対策協力金(第12期・まん延防止等重点措置区域外)について

ページ番号:199772

掲載日:2021年9月7日

ここから本文です。

 埼玉県感染防止対策協力金(第12期・まん延防止等重点措置区域)について新規・更新箇所 

チャット入口

このページはまん延防止等重点措置区域の飲食店向け(第12期)のページです。

◆重要なお知らせ

9月6日 申請の受付は終了しました。

  • 埼玉県感染防止対策協力金(第13期:早期給付)について概要をホームページに掲載しました。詳しくはこちらをご覧ください。  
  • 「埼玉県感染防止対策協力金(第12期)申請のご案内」につきまして、「7 支給の決定」に「支給開始は9月中旬以降を予定しています。」とあるのは「支給開始は7月中旬以降を予定しています。」の誤りでした。お詫びして訂正いたします。なお、ホームぺージ上の申請のご案内については修正しています。
  • 第12期については、休業している場合を除き、彩の国「新しい生活様式」安心宣言飲食店+(プラス)による認証を受けることが新たな要件となります。
    なお、認証は7月11日(日曜日)までに受けていただく必要があります。
  • 第12期については、認証を受けていること(又は認証の申請をすること)が酒類提供緩和(措置区域外は4人以下、又は同居家族(介助者を含む。)のグループには、午前11時から午後8時までの間に限り提供可。)の条件となります。要請期間中に、認証を受けた場合、認証前に行ったセルフチェックシートの提出が協力金の申請の際に必要となります。

  ※詳しくは、彩の国「新しい生活様式」安心宣言飲食店+(プラス)認証制度については、こちらをご参照ください。

  • 第12期については、長時間(90分超)の会食を避け、4人以下又は同居家族(介助者を含む。)のみのグループに限るよう要請することが新たな要件となります。
  • 第11期に引き続き、飲食を主として業としている店舗では、カラオケ設備を使用していないことを確認できる書類の提出が必要になります。利用されるお客様への周知とともに御協力をお願いします。
  • 開店1年未満の店舗の1日当たりの売上高の算出方法の特例について、従来は売上高方式への適用としていましたが、売上高減少額方式についても適用することといたしました。
  • ご不明な点がございましたら、埼玉県中小企業等支援相談窓口(0570-000-678)までお問合せください。
  • 通常時は午後9時以降に営業していた店舗が対象となります。

対象店舗について

まん延防止等重点措置期間(令和3年6月21日から令和3年7月11日まで)

通常時は午後9時以降に営業していた店舗が対象となります。

新規申請受付は9月6日で終了しました。

uketsukekakunin

goannai    chirashi1 chirashi2

                                     申請(第12期)のご案内(PDF:1,402KB)               埼玉県感染防止対策協力金チラシ(PDF:794KB)   

「埼玉県感染防止対策協力金(第12期)申請のご案内」につきまして、「7 支給の決定」に「支給開始は9月中旬以降を予定しています。」とあるのは「支給開始は7月中旬以降を予定しています。」の誤りでした。お詫びして訂正いたします。なお、ホームぺージ上の申請のご案内については修正しています。             

 協力金の概要

 原則として、令和3年6月21日午前0時から7月11日午後12時までの全ての期間※1、埼玉県による営業時間短縮等に全面的にご協力いただいた飲食店 (カラオケ店、バー等を含む。)を運営する事業者※2の皆さまに対し、感染防止対策協力金を支給します。また、要請にご協力いただきましたことに対し、店舗名及び所在地を、県ホームページなどで広く周知させていただきます。 

※1 準備等のため協力開始が6月21日に間に合わなかった場合でも、協力開始日から7月11日までの全ての期間、協力日数に応じて協力金を支給します。

※2 要請区域内に対象店舗があれば、県外に本社がある事業者や、NPO法人等も含みます。また、大企業も含みます。

 支給額

前年又は前々年の売上高に応じて変動します。

12期下限額 売上高方式

  前年又は前々年の売上高に応じて変動(PDF:176KB)

※前年又は前々年どちらかの選択が可能。

 主な支給要件

  (1)  原則として、令和3年6月21日から令和3年7月11日までの全ての期間において、要請に応じ、午後9時から翌日午前5時までの間の営業を行わない(休業含む)こと。

※「彩の国『新しい生活様式』安心宣言飲食店+(プラス)」による認証を受けている又は申請中の店舗で酒類を提供する飲食店は、酒類の提供を4人以下若しくは同居家族(介助者を含む。)に限り、午前11時から午後8時までとしていること。

※ 長時間(90分超)の会食は避け、4人以下又は同居家族(介助者を含む。)のみのグループに限るよう要請すること。

※ 通常時は午後9時以降まで営業をしていたこと。

  (2) 「彩の国『新しい生活様式』安心宣言」を遵守し、店頭に掲示していること。

  (3) 「埼玉県LINEコロナお知らせシステム」のQRコードを店頭に掲示していること。

   ※ 発行フォームの入力・QRコードのダウンロード方法のマニュアルについては、こちらをご覧ください。

   ご不明な点がございましたら、埼玉県中小企業等支援金相談窓口(0570-000-678)までお問い合わせください。

  (4)  食品衛生法に基づく飲食店営業許可または喫茶店営業許可、その他必要な許認可を受けていること。

  (5)  暴力団、暴力団員等の反社会的勢力に属する者及び代表者又は役員が暴力団員等となっている法人でないこと。また、暴力団員等が経営に事実上参画していないこと。

申請手続等

 申請受付期間 

  令和3年7月12日(月曜日) ~ 令和3年9月6日(月曜日)

 申請方法

 新規申請受付は9月6日で終了しました。

uketsukekakunin

 申請書様式

 郵送で申請する場合は、以下より申請様式をダウンロードして利用してください。

  様式 記入例
申請書 PDF(410KB) PDF(551KB)
売上高方式 算定様式 エクセル(31KB) PDF(128KB)
売上高減少額方式 算定様式 エクセル(35KB) PDF(132KB)

    ※ 売上高減少額方式の1日当たりの売上高減少額は、(「令和元年又は令和2年6~7月の売上高の合計額」-「令和3年6~7月の売上高の合計額」)÷61日で算出します。今回の場合は、6月1日から7月31日までの売上高から1日当たりの売上高減少額を算出いただくことになります。

    ※ 時間短縮要請月(6・7月)を基準に開店1年未満の店舗(売上高方式)は、こちら(エクセル:33KB)の様式で算定してください。

    ※ 時間短縮要請月(6・7月)を基準に開店1年未満の店舗(売上高減少額方式)は、こちら(エクセル:42KB)の様式で算定してください。

    ※時間短縮要請月(6・7月)の売上高が不明な場合のみ年間売上高を基準に協力金を算出することができます。こちら(エクセル:16KB)の様式で算定してください。

申請書は、以下の機関でも、7月12日(月曜日)以降、順次配布いたします。

  •  埼玉県庁 県民案内室(本庁舎1階東側)
  •  埼玉県庁 産業労働政策課(本庁舎4階東側)
  •  県内の各市役所、区役所
  •  県内の各地域振興センター及び保健所
  •  県内の各商工会議所及び商工会

 なお、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、各窓口での申請及び相談は行いません。

 大変恐縮ですがお問い合わせは 埼玉県中小企業等支援相談窓口(0570-000-678(ナビダイヤル))へお願いします。

申請に必要な書類

  • 本人確認書類のコピー又は写真(*個人事業主のみ)
  • 「支払口座振替依頼」に記載した振込先口座情報が分かる通帳等のコピー又は写真
  • 店舗の外観全体(社名や店舗名)が分かる写真
  • 飲食店営業又は喫茶店営業の許可その他必要な許認可を取得していることが分かる書類のコピー又は写真
  • 営業時間短縮又は休業していたことの状況が分かる書類のコピー又は写真
  • 酒類を提供する店舗は4人以下又は同居家族(介助者を含む。)に限り、酒類の提供を午前11時から午後8時までとしていることが分かる書類のコピー又は写真
  • 「彩の国『新しい生活様式』安心宣言」及び「埼玉県LINEコロナお知らせシステム」のQRコードを店頭に掲示している写真
  • 「彩の国『新しい生活様式』安心宣言」飲食店+(プラス)のステッカーを店頭に掲示している写真
  • 「彩の国『新しい生活様式』安心宣言」飲食店+(プラス)の認証を要請期間中に受けた場合は認証前に行ったセルフチェックシートのコピー又は写真
  • 法人税又は所得税の確定申告書の控えの写し、売上帳等の帳簿の写し(前年又は前々年の6月及び7月の1日当たりの売上高が8.3万円以上の場合、必要となります。)
  • カラオケ設備を使用していないことが分かる書類のコピー又は写真(※飲食を主として業としている店舗でカラオケ設備がある場合のみ)

 新型コロナウイルス感染症対策への御協力のお願い

 一刻も早い社会経済活動の回復のためにも、営業時間の短縮と業種別ガイドラインを使用・遵守した感染症対策の徹底をお願いします。 

参考資料

店頭等への案内掲示例です。適宜ひな形をダウンロードし、日付等を入力してご利用ください。

 

「営業時間短縮等の案内」

「休業の案内」
記入例

(営業時間短縮等している場合)
harigami

(要請期間中全て休業している場合)
休業12期区域外
ひな形

ワード版(ワード:60KB)
PDF版(PDF:129KB)

ワード版(ワード:55KB)】 
PDF版(PDF:116KB)Open this document with ReadSpeaker docReader
記入例 ワード版(ワード:60KB)
PDF版(PDF:132KB)

ワード版(ワード:56KB)】 
PDF版(PDF:119KB)Open this document with ReadSpeaker docReader

 

また、酒類提供の上限人数について大きく表示する場合の案内掲示例を作成しましたので合わせてご活用ください。

  「酒類提供の上限人数」のご案内
記入例 syuruijougen_sochikuikigai
ひな形 ワード版(ワード:50KB)
PDF版(PDF:82KB)

 よくあるお問合せ(Q&A) 

よくあるお問合せは、こちらをご覧ください。

お問合せ先

  埼玉県中小企業等支援相談窓口

  受付時間:平日 午前9時~午後9時、土日祝日 午前9時~午後6時

  電話番号:0570-000-678(ナビダイヤル)  

チャット入口

お問い合わせ

埼玉県中小企業等支援相談窓口 (感染防止対策協力金)  

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?