トップページ > しごと・産業 > 産業 > 中小企業支援 > 彩の国「新しい生活様式」安心宣言飲食店+(プラス)認証制度について

ページ番号:197175

掲載日:2021年9月27日

ここから本文です。

彩の国「新しい生活様式」安心宣言飲食店+(プラス)認証制度について新規・更新箇所 

重要なお知らせ

新規・更新箇所※現地確認期間を延長しました。実施期間の詳細についてはこちらをご覧ください。

 

新規・更新箇所埼玉県感染防止対策協力金(第14期)について 

 休業している場合を除き、彩の国「新しい生活様式」安心宣言飲食店+(プラス)による認証を受けることが支給要件となります。
 なお、認証は9月30日(木曜日)までに受けていただく必要があります。
 

新規・更新箇所酒類の提供について

 緊急事態措置の実施に伴い、8月2日から9月30日まで県内全域で酒類は終日、提供自粛(飲酒の機会を設けないとなります。
 なお、令和3年7月12日~令和3年8月1日までは、下記の要請内容でした。

 

 

まん延防止等重点措置区域

さいたま市、川口市

7月20日~ 川越市、所沢市、春日部市、草加市、越谷市、蕨市、戸田市、朝霞市、志木市、和光市、新座市、八潮市、富士見市、三郷市、鶴ヶ島市、ふじみ野市、伊奈町、三芳町

措置区域以外

営業時間

午前5時から午後8時まで

午前5時から午後9時まで

酒類の提供

終日、提供を自粛(飲酒の機会を設けない)。

ただし、次の条件を満たす場合は、午前11時から午後

7時まで提供可

終日、提供を自粛(飲酒の機会を設けない)。

ただし、次の条件を満たす場合は、午前11時から午後

8時まで提供可

条件(1)

「彩の国『新しい生活様式』安心宣言飲食店+(プラス)」の認証

「彩の国『新しい生活様式』安心宣言飲食店+(プラス)」について、県の認証を受けること。

「彩の国『新しい生活様式』安心宣言飲食店+(プラス)」について、県の認証を受けること。

条件(2)

酒類提供の人数上限

1人、又は同居家族(介助者を含む。)のみのグループに限る。

4人以下、又は同居家族(介助者を含む。)のみのグループに限る。

 

新規・更新箇所動画配信について

YouTubeの県公式アカウントで「飲食店の感染症予防対策 ~彩の国「新しい生活様式」安心宣言 飲食店+(プラス)~」を配信しています。
消毒設備やアクリル板の設置、飲食時以外のマスク推奨、換気の徹底など感染症予防対策のポイントを解説しています。
飲食店の皆様におかれましては、感染症予防対策に取り組む際の参考としてください。
動画を見る(YouTubeサイトへ移動) テキスト版

 制度の概要

埼玉県内の飲食店を対象として、適切な感染防止対策を推進するため、彩の国「新しい生活様式」安心宣言飲食店+(プラス)制度をつくりました。個別に事業者を訪問し、業種別ガイドライン等を遵守する事業者に対し、認証ステッカー(彩の国「新しい生活様式」安心宣言飲食店+(プラス))を交付します。
現在、飲食店の感染防止対策の継続のため、認証ステッカーを交付した店舗の再確認を実施しています。

 

休業している場合の取扱いは、こちらをご参照ください。

埼玉県感染防止対策協力金は、こちらをご参照ください。

現地確認の実施状況、認証店舗一覧については、こちらをご参照ください。

ステッカー

【ステッカーイメージ】

申し込みバナー(予約開始)

※埼玉県感染防止対策協力金(第14期)について 、認証は9月30日(木曜日)までに受けていただく必要があります。

※電子申請ができない場合は電話予約も可能ですが、電子申請がよりスムーズに予約をすることができます。
 電話予約:0570-550-811(受付時間 午前9時~午後6時) ※土日・祝日も対応

※現在、電話予約が集中しており、電話がつながりにくい状況です。事業者の皆様には御迷惑をお掛けして申し訳ございません。
 電子申請での予約は簡易に可能ですので、できるだけ電子申請の御活用をお願いいたします。

※複数店舗お申込みいただく場合は、店舗数分のお申込みが必要です。

※ご予約は希望日の3日前の24時までにお願いいたします。
(例:9月10日の現地確認は9月7日24時までに予約)
 市町村によって、予約最終受付日が異なりますのでご注意ください。(市町村ごとの予約最終受付日は、こちらをご参照ください。)

※既に認証済みの店舗は、再度の認証は不要です。
 ただし、店舗が移転した場合や店内の大幅なレイアウト変更・改装がある場合は、再度認証が必要となることがありますので、ご注意ください。

チェックリスト

  • 新型コロナウイルス感染症予防対策「チェック項目とチェックの視点」及び「セルフチェックシート」は以下をご参照ください。

 ※認証のためのチェック項目と職員が確認する際のチェックの視点です。

《令和3年8月2日~令和3年9月30日》

【チェック項目とチェックの視点】(PDF:158KB)

0802チェック項目とチェックの視点

 

【セルフチェックシート】(エクセル:15KB)

セルフチェックシート】(PDF:114KB)

0802セルフチェックシート

 

《令和3年7月12日~令和3年8月1日

【チェック項目とチェックの視点】(PDF:161KB)

チェックの視点0713

【セルフチェックシート】(エクセル:15KB)

【セルフチェックシート】(PDF:114KB)

セルフチェックリスト0713

実施期間

市町村によって現地確認実施期間が異なります。

※午前(9時00分~12時00分)・午後(13時00分~17時15分)の指定ができます。時間単位の予約はできませんのでご了承ください。

詳細は【彩の国「新しい生活様式」安心宣言飲食店+(プラス)スケジュール】(PDF:452KB)をご参照ください。

   スケジュール

朝霞市、川口市、川越市、越谷市、さいたま市、志木市、草加市、所沢市、戸田市、新座市、富士見市、ふじみ野市、三芳町、和光市、蕨市の飲食店

  • さいたま市、川口市は令和3年4月26日(月曜日)から開始 13市町は 令和3年4月28日(水曜日)から開始

 実施期間:  9月28日、10月6日、10月14日、10月22日

上尾市、伊奈町、入間市、春日部市、狭山市、蓮田市、松伏町、三郷市、八潮市、吉川市の飲食店

  • 令和3年5月28日(金曜日)から開始

 実施期間: 9月29日、10月7日、10月15日、10月26日

桶川市、加須市、北本市、行田市、久喜市、鴻巣市、幸手市、白岡市、杉戸町、羽生市、宮代町の飲食店

  • 令和3年5月28日(金曜日)から開始

 実施期間:9月30日、10月8日、10月19日

小川町、越生町、川島町、坂戸市、鶴ヶ島市、ときがわ町、滑川町、鳩山町、飯能市、東秩父村、東松山市、日高市、毛呂山町、吉見町、嵐山町の飲食店

  • 令和3年5月28日(金曜日)から開始

 実施期間:10月1日、10月12日、10月20日

小鹿野町、神川町、上里町、熊谷市、秩父市、長瀞町、深谷市、本庄市、美里町、皆野町、横瀬町、寄居町の飲食店

  • 令和3年5月28日(金曜日)から開始

 実施期間:10月5日、10月13日、10月21日

ステッカー交付までの流れ

ステッカー交付までのながれ(協力金なし)

※必要に応じて、再確認とさせていただく場合がございます。

予約受付

申し込みバナー(予約開始)

※埼玉県感染防止対策協力金(第14期)について 、認証は9月30日(木曜日)までに受けていただく必要があります。

※電子申請ができない場合は電話予約も可能ですが、電子申請がよりスムーズに予約をすることができます。
 電話予約:0570-550-811(受付時間 午前9時~午後6時) ※土日・祝日も対応

※現在、電話予約が集中しており、電話がつながりにくい状況です。事業者の皆様には御迷惑をお掛けして申し訳ございません。
 電子申請での予約は簡易に可能ですので、できるだけ電子申請の御活用をお願いいたします。

※複数店舗お申込みいただく場合は、店舗数分のお申込みが必要です。

※ご予約は希望日の3日前の24時までにお願いいたします。
(例:9月10日の現地確認は9月7日24時までに予約)

※既に認証済みの店舗は、再度の認証は不要です。
 ただし、店舗が移転した場合や店内の大幅なレイアウト変更・改装がある場合は、再度認証が必要となることがありますので、ご注意ください。

現地確認の実施状況について

令和3年9月22日(水曜日)終了時点

  • 現地確認実施店舗 24,297店
  • ステッカー交付店舗 24,261店

彩の国「新しい生活様式」安心宣言飲食店+(プラス)認証店舗 一覧

 

マスク飲食について

  • 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、感染リスクを下げながら会食を楽しむ方法を示した4種類の「マスク会食ポスター」が、内閣官房新型コロナウイルス感染症対策推進室により作成されています。
  • 店内に掲示するなど、感染拡大防止対策にご協力をお願いいたします。

マスク1マスク2マスク3マスク4

 

よくあるお問い合わせ

休業している場合、認証制度(現地確認)の取扱いはどうなりますか

A 休業している店舗には、希望する場合を除き現地確認(認証ステッカーの交付)は行いません。
 なお、協力金の支給は、要請期間中に休業していたことを確認した上で支給します。

Q 家族であっても同一テーブル上にアクリル板等(又は座席間隔1m以上の確保)が必要ですか

A 少人数の家族(3~4人)、介助者が同行する高齢者・乳幼児・障害者等が同席する場合は必要ございませんが、最大限の感染症防止策をお願いします。ただし、他グループとの相席は避けて下さい。

Q 焼肉店など構造上、テーブルにアクリル板が設置できない場合、どのように対応すべきですか

テーブルの構造等によりアクリル板等を設置することが困難な場合は、座席間隔の確保(1m以上)をお願いします。

Q アクリル板等はどのように設置すればよいですか

下図を参考にしてください。

アクリル板等の設置(又は座席間隔の確保)

 

Q なぜ、カラオケ設備の利用を自粛しなければならないのですか
いわゆる昼カラオケ等でクラスターが多発しています。飲食を主として業としている店舗においてカラオケを行う設備を提供している場合、当該カラオケ設備の利用自粛をお願いします。

Q カラオケ店もカラオケ設備の利用を自粛しなければならないのですか
A 令和3年8月1日まで飲食を主たる業としていないカラオケ店は対象外でした。令和3年8月2日から緊急事態措置の実施に伴い、カラオケ店においてもカラオケ設備の利用自粛を要請しています。

Q 二酸化炭素濃度測定器の設置は必須ですか
必須ではありませんが、推奨しています。換気状況を確認する方法として、二酸化炭素濃度測定器を使用し、室内の二酸化炭素濃度が一定水準(目安1,000ppm)を超えていないかを確認することが有効です。

Q 業種別ガイドラインはどこから入手できますか
業種別ガイドラインはこちら(内閣官房ホームページ)から入手可能です。

その他

  • 飲食店におけるカラオケ設備の利用自粛についてはこちら(PDF:332KB)をご参照ください。
  • 認証ステッカーの交付を受けた店舗は、埼玉県ホームページで屋号を公表します。

お問合せ先

  埼玉県中小企業等支援相談窓口

  受付時間:平日 午前9時~午後9時、土日祝日 午前9時~午後6時

  電話番号:0570-000-678(ナビダイヤル)

チャット入口

お問い合わせ

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?