トップページ > 新型コロナワクチン接種について > 県民の方へ(新型コロナワクチン) > 令和6年度以降の新型コロナワクチン接種について

ページ番号:247946

掲載日:2024年1月31日

ここから本文です。

令和6年度以降の新型コロナワクチン接種について

このページの情報は令和5年12月25日時点の情報になります。国から情報が入り次第、随時情報を更新していきます。

概要

新型コロナワクチンの全年代を対象とした全額公費による接種は、令和6年3月31日(日曜日)で終了します。

令和6年4月1日以降は、市町村による「定期接種」となります。

<厚生労働省リーフレット掲載のQ&A>

Q.令和6年4月以降の接種は有料となるのですか?

A.65歳以上の方および60~64歳で対象となる方(※)には、新型コロナの重症化予防を目的として、秋冬に自治体による定期接種が行われ、費用は原則有料となります(接種を受ける努力義務や自治体からの接種勧奨の規定はありません。)。

令和6年4月1日以降に定期接種以外で接種をご希望の方には、任意接種として、自費で接種していただくことになります。

(※)60~64歳で、心臓、腎臓または呼吸器の機能に障害があり、身の回りの生活が極度に制限される方、ヒト免疫不全ウイルス(HIV)による免疫の機能に障害があり、日常生活がほとんど不可能な方

Q.令和6年3月31日までに初回接種を完了できない場合はどうなりますか?

A.令和6年3月31日までに初回接種を完了できない場合、残りの接種は自費で受けていただくこととなります。

初回接種を希望される方は、できるだけ、令和6年3月31日までに必要な接種を完了できるよう余裕を持って受けていただくようお願いします。

実施期間

年に1回、秋冬に実施

接種対象者

インフルエンザの定期接種と同様の対象者になります。

  • 65歳以上の高齢者
  • 60~64歳で重症化リスクの高い人(※)

(※)60~64歳で、心臓、腎臓または呼吸器の機能に障害があり、身の回りの生活が極度に制限される方、ヒト免疫不全ウイルス(HIV)による免疫の機能に障害があり、日常生活がほとんど不可能な方

定期接種の対象者以外の方も、「任意接種」として自費での接種は可能です。

接種費用

原則有料(※)

(※)定期接種では、原則として自己負担が発生します。自己負担額は各市町村が決定しますので、お住まいの市町村からの御案内をお待ち下さい。

厚生労働省Q&A(令和6年4月以降の新型コロナワクチンの接種は有料となるのですか)

参考となる資料等

お問い合わせ

保健医療部 保健医療政策課 ワクチン対策担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎3階

ファックス:048-830-4800

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?